奇抜すぎ!ロールスロイス、AI搭載のコンセプトカー「103EX」を発表 | Spyder7(スパイダーセブン)

奇抜すぎ!ロールスロイス、AI搭載のコンセプトカー「103EX」を発表

自動車 ニューモデル

奇抜すぎ!ロールスロイス、AI搭載のコンセプトカー「103EX」を発表
  • 奇抜すぎ!ロールスロイス、AI搭載のコンセプトカー「103EX」を発表
  • 奇抜すぎ!ロールスロイス、AI搭載のコンセプトカー「103EX」を発表
  • 奇抜すぎ!ロールスロイス、AI搭載のコンセプトカー「103EX」を発表
  • 奇抜すぎ!ロールスロイス、AI搭載のコンセプトカー「103EX」を発表
 高級車の代名詞であるロールスロイス。最低でも3,000万円はくだらないうえに、ユーザーの望むカスタマイズが加われば、「億」に達することもあるのだから、庶民には到底想像もつかない世界だ。そんな同社が、現地時間16日、とんでもないコンセプトカーを発表した。

 発表された電気自動車「103EX」の外観は、はっきり言って奇抜。これまでの車のイメージを覆す、といえば聞こえがいいかもしれないが、お世辞にも、ダイレクトにかっこいいとは言えない。

 一番見慣れないのが、ボディの一部に覆われたタイヤ部分。車といえばタイヤで動くというのが常識だが、その部分をあえて隠すことにより、クールさを演出したというところか。

 一方で、機能面は充実している。人工知能「エレノア」を搭載し、音声操作に対応。シートは2人乗りで、高級感があり、まるでリビングのソファのようだ。ドアは1つで、天井も開く仕様となっている。また、驚いたことにハンドルは存在せず、大きなディスプレイで映像を鑑賞しながら、目的地までの時間をゆったりと過ごすことができる。

 完全な自動運転車であることなどから、公道を走ることはできないが、(主に機能面で)今後に期待の持てるコンセプトであると言えるだろう。
《Tsujimura@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top