吉田羊、連ドラ初主演は日本版「コールドケース」に決定! | Spyder7(スパイダーセブン)

吉田羊、連ドラ初主演は日本版「コールドケース」に決定!

映画 芸能

「コールドケース~真実の扉~」(C)WOWOW
  • 「コールドケース~真実の扉~」(C)WOWOW
  • 「連続ドラマW コールドケース~真実の扉~」(C)WOWOW
WOWOW開局25周年を記念して放たれる、世界的大ヒットドラマ「コールドケース」の日本版「コールドケース~真実の扉~」。先日、本作の特報映像が到着し、そこで主人公の後ろ姿のみが公開され注目が集まっていたが、この度、その主人公の女性刑事を吉田羊が演じることが明らかにされた。

「コールドケース」は、2003年から全7シーズンにわたってアメリカ・CBSで放送されていた刑事ドラマシリーズ。製作総指揮には、「CSI:科学捜査班」シリーズなどを手掛けたジェリー・ブラッカイマーが務め、ペンシルベニア州のフィラデルフィアを舞台に、未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を解決する捜査チームを描いている。本国アメリカでは、全シリーズの平均視聴者数が1,000万人を超え、さらには全世界で放送&配信され世界中の人々に愛されている。

今回吉田さんが演じるのは、神奈川県警捜査一課の中でチームを引っ張る女性刑事・石川百合役。事件に関わる人々の心に深く寄り添い、未解決事件の真相を見つけ出していくという役どころだ。また、米国版ではキャスリン・モリスが演じ話題となった、未解決事件に挑む主人公、リリー・ラッシュに値する。

ドラマ・映画だけでなく様々な場面で引っ張りだこの吉田さん。黒木瞳初監督作『嫌な女』では映画初主演を果たし、続けて本作では連続ドラマ初主演に挑む。今回の決定に吉田さんは「私としては初主演という気負いはまったくなくて、それはスタンドプレイではなく、チーム全員でヨーイドンで同じゴールへ向かって走っていくスタイルが心地よく、私らしい初主演作品になっていると実感しています」と話す。また自身が務める主人公については「絶対的な孤独を抱えている人ではありますが、それを抱えつつも乗り越えていて、でもその孤独があるからこそ同じ痛みを持つ人により深く関わっていける。心の近くに寄り添いながら共感できる“愛の人”だなと思いました」とコメントした。さらに「“慮る”という美しい日本語がありますが、まさにその表現が相応しい、相手の心に深く、深く寄り添った素敵なエピソードが満載となっていますので、是非最後まで楽しみにご覧ください」とメッセージも寄せた。

そして先日解禁された特別映像に続き、本作の予告編がこのほど到着。各話で紐解かれていく未解決事件の様子を迫力ある映像で捉えている特別映像に加え、そこではわずかな後ろ姿のみのカットだった吉田さんの姿が完全に映し出され、圧巻の仕上がりとなっている。


「コールドケース~真実の扉~」は10月、WOWOWにて放送予定(全10話)。

【予告編】吉田羊、日本版「コールドケース」で連ドラ初主演決定! 「私らしい」

《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top