『スター・トレック』シリーズのアントン・イェルチン、27歳の若さで急逝 | Spyder7(スパイダーセブン)

『スター・トレック』シリーズのアントン・イェルチン、27歳の若さで急逝

映画 ハリウッドセレブニュース&ゴシップ

アントン・イェルチン-(C)Getty Images
  • アントン・イェルチン-(C)Getty Images
  • アントン・イェルチン-(C)Getty Images
  • アントン・イェルチン-(C)Getty Images
  • アントン・イェルチン-(C)Getty Images
  • アントン・イェルチン-(C)Getty Images
『スター・トレック』シリーズのパヴェル・チェコフ役で知られるアントン・イェルチンが19日早朝(現地時間)に自動車事故のため、27歳の若さで亡くなった。

芸能サイト「TMZ」によると、アントンは前夜に友人たちと会う約束をしていたが、姿を見せず、19日午前1時頃に彼らがサンフェルナンド・ヴァレーにあるアントンの自宅へ様子を見に行ったところ、自分の車とレンガ製のメイルボックスに挟まれた状態のアントンを発見した。

警察によると、発見当時に車のエンジンはかかったままで、ニュートラル状態になっていたという。自宅前の私道はかなりの急勾配になっていて、なぜアントンが車外に出たのかは不明だが、事件性はないと見ている。

アントンはプロのフィギュアスケーターの両親との間にロシアで生まれ、生後半年で家族とアメリカに移住した。9歳から子役として活躍し、2009年から『スター・トレック』シリーズでパヴェル・チェコフを演じるようになり、ジム・ジャームッシュ監督の『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』やウィリアム・H・メイシーが監督を務めた『君が生きた証』に出演。2010年公開の日米合作映画『誰かが私にキスをした』で堀北真希や松山ケンイチと共演している。

アメリカでは『スター・トレック Beyond』が7月22日(現地時間)から公開になるほか、すでに撮影を終えた作品、これから出演を予定していた作品もたくさんある。主役も脇役もこなせる演技派の早すぎる死に、いまはただご冥福をお祈りいたします。
《text:Yuki Tominaga》

編集部おすすめの記事

特集

page top