マイケル・ジャクソンの最後の日がドラマ化決定、制作はJ.J.エイブラムス | Spyder7(スパイダーセブン)

マイケル・ジャクソンの最後の日がドラマ化決定、制作はJ.J.エイブラムス

映画 ハリウッドセレブニュース&ゴシップ

J.J.エイブラムス&マイケル・ジャクソン-(C)Getty Images
  • J.J.エイブラムス&マイケル・ジャクソン-(C)Getty Images
  • マイケル・ジャクソン-(C)Getty Images
  • J.J.エイブラムス-(C)Getty Images
  • マイケル・ジャクソン-(C)Getty Images
  • マイケル・ジャクソン-(C)Getty Images
  • マイケル・ジャクソン-(C)Getty Images
  • マイケル・ジャクソン -(C) Getty Images
  • マイケル・ジャクソン -(C) Getty Images
「キング・オブ・ポップ」のマイケル・ジャクソンがこの世を去った2009年6月から7年。

このたび、ワーナー・ブラザース・テレビジョンが、J.J.エイブラムスの制作会社「Bad Robot」が、21日(現地時間)に発売されたタヴィス・スマイリー著の「Before You Judge Me: The Triumph and Tragedy of Michael Jackson’s Last Days」を元に、マイケルの最後の日々をテレビドラマ化すると発表した。

「E!News」によると、今作ではJ.J.とタヴィスが製作総指揮を務めるが、2人とワーナーがタッグを組んだのは今作が初めてではないという。タヴィスが書いたマーティン・ルーサー・キング牧師の伝記のドラマ化も昨年発表され、現在進行中である。

前述のタヴィス著のマイケルに関する本は、彼が亡くなる数か月前に焦点を当て、常にプライバシーをさらされる危機にあったマイケルの苦悩や、抱えていたプレッシャー、生きているのが辛くなるほど追い詰められていた繊細な精神について描かれているそうだ。

先日、マイケルの娘パリス・ジャクソンが、父の日にSNSに父マイケルについて何も投稿しなかったことでファンから非難を浴びた。マイケルの死から7年経ってもなお、熱狂的なファンが後を絶たない。このドラマの需要は多いだろう。

J.J.エイブラムス、マイケル・ジャクソンの最後の日々をドラマ化

《Hiromi Kaku》

編集部おすすめの記事

特集

page top