アンジェリーナ・ジョリーが記者会見、ケリー国務省と難民問題について | Spyder7(スパイダーセブン)

アンジェリーナ・ジョリーが記者会見、ケリー国務省と難民問題について

映画 ハリウッドセレブニュース&ゴシップ

アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
アンジェリーナ・ジョリーが20日(現地時間)、ワシントンDCのアメリカ国務省を訪問、ケリー国務長官と記者会見した。

6月20日は国連が定める「世界難民の日」。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の特使を務めるアンジェリーナは、現在起きている難民の危機的状況について、ケリー国務長官と語り合った。

グレーのスーツで会見に臨んだアンジェリーナは「6,500万人もの人々が紛争によって、退去を余儀なくさせられています。私たちは戦争が起きている世界と直面し、無視したり、背を向けたりすることはできません。そんな行動は世間知らずで無責任、そして危険です」と報道陣に語りかけた。

アンジェリーナは「私たちが直面している選択肢は、とてもはっきりしています。このまま、難民と不安が増えていくのを静観するのか、ほかの国々と力を合わせて新たなアプローチを見つけるのか、です。支援や再定住だけではなく、問題の解決と安定、帰還についてのアプローチです」と訴えた。

アンジェリーナ・ジョリー、アメリカ国務省で難民問題について記者会見

《text:Yuki Tominaga》

編集部おすすめの記事

特集

page top