スーパーカー世代なら一度は行ってみたい…「フェラーリ博物館」で新展示 | Spyder7(スパイダーセブン)

スーパーカー世代なら一度は行ってみたい…「フェラーリ博物館」で新展示

自動車 新車スクープ

フェラーリ博物館の新展示「フェラーリ永遠に」
  • フェラーリ博物館の新展示「フェラーリ永遠に」
  • フェラーリ博物館の新展示「フェラーリ永遠に」
  • フェラーリ博物館の新展示「フェラーリ永遠に」
  • フェラーリ博物館の新展示「フェラーリ永遠に」
  • フェラーリ博物館の新展示「フェラーリ永遠に」
  • フェラーリ博物館の新展示「フェラーリ永遠に」
イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリは6月22日、フェラーリ博物館において、「Ferraristi per sempre」(「フェラーリ永遠に」)と題する新しい展示の開会式を行った。

開会式には、フェラーリのF1ドライバー、セバスチャン・ベッテル選手や、チームのマウリツィオ・アッリバベーネ代表、フェラーリのルカ・フーゾ チーフブランドオフィサーが出席。

セバスチャン・ベッテル選手が、フェラーリ処女作『125 S』の前でテープカットをし、跳ね馬のブランドの伝説を築き上げたドライバーたちに敬意を示し、展示を観覧した。

ベッテル選手は、彼のマシン『SF15-T』とともにポーズをとり、パネルに直筆サインをし、フェラーリF1の歴代世界チャンピオンへ捧げてから、展示が配置されている5つの部屋を観覧。ここには、現役時代のミハエル・シューマッハ選手の2台のF1マシンも展示された。

なお、この展示は今後1年間開催され、期間中展示される車両は変更される予定。

フェラーリ博物館、新展示を開始…テーマは「フェラーリ永遠に」

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top