「ふたがしら2」、成宮寛貴と菜々緒が続投で濃密なシーンもたっぷり | Spyder7(スパイダーセブン)

「ふたがしら2」、成宮寛貴と菜々緒が続投で濃密なシーンもたっぷり

話題 アイドル

「連続ドラマW ふたがしら2」(C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2016WOWOW/ホリプロ
  • 「連続ドラマW ふたがしら2」(C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2016WOWOW/ホリプロ
  • 「連続ドラマW ふたがしら2」(C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2016WOWOW/ホリプロ
主演に松山ケンイチを迎え、昨年放送されたWOWOW連続ドラマ初の時代劇「連続ドラマW ふたがしら」。すでに続編となる「連続ドラマW ふたがしら2」の製作が決定しているが、この度本作の放送日が9月17日(土)に決定し、併せて成宮寛貴と菜々緒の続投も決定した。

江戸の夜。暗闇の中、うごめく人影。弁蔵と宗次“ふたがしら”の盗賊一味「壱師」は、“つとめ”を鮮やかにこなしていた。昼は、品川の宿で働く弁蔵(松山ケンイチ)と宗次(早乙女太一)。料理の仕出しをする宗次に対し、弁蔵は賭場でばくちを打つ日々だ。ある日、弁蔵は賭場で勝ち続ける男・蔵蔵に出会い、意気投合する。早速、吉原に繰り出した弁蔵と蔵蔵だが、男衆に捕まった若い娘を追って来た宗次と遭遇。そんな3人の前で花魁道中が始まるが、その花魁を見て驚く弁蔵と宗次。そこにいたのは、おこん(菜々緒)だった。おこんは、弁蔵と宗次に、遊女11人を盗み出してほしいと仕事を依頼する。一方、江戸の町では新たな火盗改の頭が着任早々、次々と盗賊一味を捕らえて名を上げていた。そんな中で、「壱師」の“つとめ”が始まるのだが…。

本作は、松山さん演じる明るく豪快な弁蔵と、早乙女太一演じる、頭脳明晰でクールな宗次の2人の盗賊が、 “脅さず殺さず、汚え金を根こそぎいただく” をモットーに、巧妙な駆け引きと騙し合いの中、鮮やかに “つとめ” を遂行していく痛快時代劇エンターテインメント。

シーズン1のラストでは、自分たちの盗賊一味「壱師」を築いた弁蔵と宗次。今回放送されるシーズン2では、「壱師」のかしらとなった2人の、江戸の頂点を目指す新しい戦いを描くという。前作同様、メガホンをとるのは、『ジョーカー・ゲーム』ほか、日本映画界に旋風を巻き起こしている入江悠。そして「劇団☆新感線」の鬼才・中島かずきが、粋なせりふ回しと二転三転する痛快な展開で、原作では描かれていない「壱師」の創成期をオリジナルストーリーで描き出す。

前作で行方をくらました甚三郎とおこんだが、今回もそんな2人を引き続き成宮さんと菜々緒さんが演じることもこのほど決定! 出演が決定した成宮さんは、喜びを示すと共に「前作を超えてより面白く出来るように、まず監督と話し合って、台本で、こういうことをしてみたい、ああいうことをしてみたいというのをたくさん話しをしました。そういう意味では、前作を経てイメージがしやすい部分も多く、撮影前から監督をはじめキャスト、スタッフさんともイメージを共有できたと思います」と準備万端で臨めたと語る。また菜々緒さんも、続編をやっても本当におかしくないなと思っていたそうで「決まった時は本当に嬉しかったです」と喜んだ。

さらにお互いの再共演については、「甚三郎は、おこんが居ないとダメなのかもしれない、言葉では絶対に言わないんですけど、甚三郎には、なくてはならない存在だったり、おこんにとっても『居てあげないと』、という気持ちがあるんじゃないかなって思います」とおこんはなくてはならない存在だと成宮さんは語る。そして「今回の撮影でも『お久しぶりです、よろしくお願いします』というところから、激しく重なり合うシーンがあって、『ふたがしらの時は、いつもこうだよね』っていう話しをしていました」と撮影でのエピソードも明かした。一方菜々緒さんは「毎回クランクインの時に『濃密なシーンが多いね』ってお話しをさせていただいていて、濡れ場というほどの濡れ場ではないんですが、そういう男女の関係を表すようなシーンが今回は初めてだったので、そこは成宮さんにすごくリードしていただいたので、本当に委ねて頑張ってやらせていただきました」と成宮さんについて語った。

「連続ドラマW ふたがしら2」は9月17日(土)22時~WOWOWプライムにて放送開始(全5話)。

成宮寛貴&菜々緒が続投!「ふたがしら2」激しく重なり合うシーンも…

《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top