小泉今日子、二階堂ふみに「四の字固め」決めて「古いですね、技が…(苦笑)」 | Spyder7(スパイダーセブン)

小泉今日子、二階堂ふみに「四の字固め」決めて「古いですね、技が…(苦笑)」

映画 芸能

二階堂ふみ、小泉今日子『ふきげんな過去』舞台挨拶
  • 二階堂ふみ、小泉今日子『ふきげんな過去』舞台挨拶
  • 二階堂ふみ『ふきげんな過去』舞台挨拶
  • 小泉今日子『ふきげんな過去』舞台挨拶
  • 高良健吾『ふきげんな過去』舞台挨拶
  • 板尾創路『ふきげんな過去』舞台挨拶
  • 前田司郎監督『ふきげんな過去』舞台挨拶
  • 二階堂ふみ、小泉今日子『ふきげんな過去』舞台挨拶
  • 二階堂ふみ、小泉今日子、高良健吾『ふきげんな過去』舞台挨拶
映画『ふきげんな過去』が6月25日(土)に公開を迎え、W主演の小泉今日子と二階堂ふみ、共演の高良健吾、板尾創路、前田司郎監督がそろって舞台挨拶に登壇した。

人気劇団の「五反田団」主宰の前田監督のオリジナル脚本による本作。もやもやした気持ちを抱えて暮らす果子のもとに、死んだはずの叔母の未来子が現れる。しかも、彼女は実は果子の実の母親であると告げ…。

小泉さんは、二階堂さんとの“親子感”について「特に意識して見せようとは考えなかったです。監督の書いた脚本の中に、まぎれもなく親子感はありました。忠実に演じれば親子に見えるという感じでした」と語る。

二階堂さんは「小泉さんの役はちょっとした“爆弾”みたいなので、娘の果子にも“火薬”の部分があればいいなと思ってました」とふり返る。二階堂さんは以前から、小泉さんとの親子役を熱望しており、夢が実現し「幸せです! 同じ空気、空間の中にずっといたいと思える方で、勉強させていただきました。嬉しかったです」と語り、どんなところが魅力的なのか? という質問に「全てです」と即答した。

そんな2人が、取っ組み合いのケンカをするシーンもあるが、小泉さんは「カメラが回ったらやるしかない! 遠慮していたら相手にも監督にも映画にも悪い」と全力で挑んだと明かす。二階堂さんは「リハーサルで小泉さんがプロレス技を…(笑)」と暴露し、小泉さんは「四の字固めが得意なので!」と胸を張ったが“四の字固め”という言葉を発してすぐに「古いですね、技が…(苦笑)」と自虐的に語り、会場は笑いに包まれた。

そんな和気あいあいとした女性陣に比べ、男性陣はあまり現場で言葉を交わすことがなかったよう。高良さんは「かなり緊張してました」と告白。特に小泉さんに関して「待ち時間中も『小泉さんがいるぞ!』と緊張してて」と内心は共演を喜びつつも、緊張であまり話しかけられなかったと残念そうに述懐する。

一方、板尾さんは「緊張感はなかった」というものの「女性ばっかりで、どんな会話をしたらいいか…。輪に入っていけなかった。下ネタを言うとセクハラと言われそうだし…」と語り「なんでこんな不思議なメンバーをキャスティングしたのか…(苦笑)」と首をかしげていた。

『ふきげんな過去』は公開中。

小泉今日子、二階堂ふみに「四の字固め」を決めるも「古いですね…(苦笑)」

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top