エロカワ&最狂のダークヒロイン『スーサイド・スクワッド』解禁 | Spyder7(スパイダーセブン)

エロカワ&最狂のダークヒロイン『スーサイド・スクワッド』解禁

映画 公開情報

『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • ハーレイ・クイン/『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • デッドショット/『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • ジョーカー『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • カタナ/『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
世界中で最も知られているスーパーヒーロー、バットマンやスーパーマンを生み出したDCコミックス。その壮大な映画プロジェクト“DC フィルムズ”の第2弾『スーサイド・スクワッド』から、史上最も“やる気がない悪党集団”メンバーとなる4人の最注目キャラクターのビジュアルが解禁となった。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『デットプール』『X-MEN:アポカリプス』と、2016年はヒーロー映画が立て続けに公開され、早くも大きな盛り上がりを見せている。これらの主人公たちが立ち上がる理由は、自分の信じる“正義”のため、“友情”のため、“愛する人”のため、“人類”のためなどさまざま。そんな中、本作の主人公となるのは、バットマンたちに捕らえられ、死刑や終身刑の判決をくらったヴィラン(悪役)たちだ。

そんな“悪党”が、なぜ”悪党”と戦うのか? それはただ「自分がくらった刑を帳消しにしたい!」「暴れるのが大好き!」といった、超個人的で自分勝手な理由から…。通常のヒーローモノで描かれる方程式が全く通用しない、映画史上最狂のチームはどんな魅惑的な戦いを魅せ、結果、世界を救うことができるのか、否か!?

そんなチーム感も、やる気も全くない寄せ集め“悪党集団”の中で、特に注目されるエロカワ&最狂のキャラクター4名のビジュアルが明らかにされた。

まずは、行き過ぎた恋愛依存症ガール:ハーレイ・クイン。武器はバット。もとは、若く美しい犯罪者たちを治療する精神科医だったが、ジョーカーに惚れ過ぎてヴィラン側に。体操が得意。いまはとにかく、ジョーカーを追いかける“恋するイカれた女の子”なのだ。演じるのは、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などで注目されたマーゴット・ロビー。

また、子煩悩過ぎる冷酷アサシン:デッドショットは、元はマフィアの殺し屋で世界最高の狙撃手。誰一人信用しない冷酷なプロフェッショナルだが、幼い娘のゾーイにだけは感情まるだしで首ったけ。つまり、娘が弱点だ。演じるのは、自身も子煩悩で知られるウィル・スミス。

そして、“最狂”クレイジーヴィラン:ジョーカー。凶暴で危険。正義・悪も超越し、楽しむ“混沌”の権化。誰もその行動を予想できず、しかも誰ともつるまない、とにかく1番ヤバイ奴。ハーレイ・クインの最愛の男でもある。圧倒的な存在感で演じるのは、アカデミー賞俳優ジャレッド・レトだ。

さらに、日本刀を振り回すイカれ女子:カタナ。悲しい過去を背負った剣士。恐ろしい仮面と特攻服に身を包み、日本刀を武器に縦横無尽に斬り殺す。誰にも心を開かない彼女がスーサイド・スクワッドに参加した本当の目的は、謎に包まれている。演じるのは、日本人女優の福原かれん。

このほか、『ロボコップ』などで知られる北欧男子ジョエル・キナマン、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイ・コートニー、『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』『ペーパータウン』のカーラ・デルヴィーニュなど次世代をリードするスターたちが集結し、脚本・監督を務めるのは『フューリー』のデヴィッド・エアー。

正義と悪、さらには作品の垣根を超えて繰り広げられるキャラクターたちの、これまで見たこともないようなクレイジーな共演と、映画史上最も自分勝手なチーム戦が予想不可能な結末を期待させる本作。“がんばらない”彼らのオシャレで無茶苦茶な活躍をスクリーンで体感する日を楽しみにしていて。

『スーサイド・スクワッド』は9月10日(土)は全国にて公開。

エロカワ&最狂のキャラビジュアル解禁!『スーサイド・スクワッド』

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top