名シーンで振り返る!007シリーズ歴代「ボンドカー」写真集! | Spyder7(スパイダーセブン)

名シーンで振り返る!007シリーズ歴代「ボンドカー」写真集!

自動車 スポーツ・エンタメ

1964年 「007 ゴールドフィンガー」ボンドカーの代名詞とも言える『アストンマーティンDB5』。今では名車と讃えられるこの車は、これ以降計6作品に登場することになる。
  • 1964年 「007 ゴールドフィンガー」ボンドカーの代名詞とも言える『アストンマーティンDB5』。今では名車と讃えられるこの車は、これ以降計6作品に登場することになる。
  • 1967年 「007は二度死ぬ」 日本を舞台に制作された本作、日本を代表する名車「トヨタ 2000GT」が起用された。
  • 1969年「女王陛下の007 」「アストンマーティンDBS」は本作品以降も新型が続々と登場している、007御用達カーと言える。
  • 1971年「007 ダイヤモンドは永遠に 」シリーズ中、意外に登場するのがアメ車だ。本作では『フォード・マスタング マック1』がラスベガスで暴れまくる。
  • 1974年「黄金銃を持つ男」「AMC ホーネット ハッチバック」がこのまま空を飛ぶという、ありえない発想がいかにもボンドカーらしい。
  • 1977年 「私を愛したスパイ」 空の次は海中だ。ロボット的発想で、潜水モデルに変身する「ロータス エスプリ」は海でも陸でも恰好良かった。
  • 1977年 「私を愛したスパイ」 空の次は海中だ。ロボット的発想で、潜水モデルに変身する「ロータス エスプリ」は海でも陸でも恰好良かった。
  • 1977年 「私を愛したスパイ」 空の次は海中だ。ロボット的発想で、潜水モデルに変身する「ロータス エスプリ」は海でも陸でも恰好良かった。
007シリーズに無くてはならないものと言えば、ボンドカーだろう。歴代ボンドカーを集めたウェブサイトは数々あるが、Spyder7では、ボンドカーが登場した、懐かしい、あのシーンを作品ごとに振り返ってみるぞ!
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top