スマホカメラ、今後欲しい機能ベスト3は?結果発表 | Spyder7(スパイダーセブン)

スマホカメラ、今後欲しい機能ベスト3は?結果発表

話題 新商品

スマホカメラ、欲しい機能は「綺麗なズーム」「暗所撮影」「ピント調整」
  • スマホカメラ、欲しい機能は「綺麗なズーム」「暗所撮影」「ピント調整」
  • スマホカメラに求める機能
  • 写真撮影でもっとも利用しているデバイス
  • スマホカメラでよく撮影するもの
  • スマホに保存されている写真枚数
  • スマホで撮影した写真の共有方法
 すっかり定着したスマートフォン内蔵カメラでの写真撮影。画質でデジタルカメラにこだわるユーザーも多いが、スマホ所有者であれば、日々の写真撮影は、スマホカメラで済ませているという人がほとんどだろう。

 MMDLaboでは、スマートフォンユーザーのカメラの利用動向を調査。15歳~54歳のスマホ利用者男女2,659人に聞いたところ、「写真撮影をするためにもっとも利用しているデバイス」では、スマートフォンカメラが84.9%を占め、コンパクトデジタルカメラ6.0%、デジタル一眼レフカメラ3.0%に大差を付けている。性年代別だと、10代女性では、スマートフォンカメラをメインで利用している率は、96.8%に達している。

 この調査によると、スマートフォンカメラの利用者(n=2551)が、「スマートフォンカメラでよく撮影するシーン」は、「友達・家族・恋人との写真」50.5%が1位。次いで「自然の風景写真」45.8%、「料理写真」33.0%だった。性別にみると、女性は「友達・家族・恋人との写真」59.5%、男性は「自然の風景写真」52.0%がトップと差が見られた。

 「スマートフォン本体に保存されている写真の枚数」では、全体の平均保存枚数は「1,351枚」。性別で保存枚数をみると、男性が平均「1,079枚」に対し、女性は平均「1,618枚」と、やや女性のほうが多い。もっとも保存枚数が多かったのは「15~19歳女性」で平均「3,072枚」、もっとも保存枚数が少なかったのは「50~54歳男性」で平均「660枚」と5倍近い開きがあった。

 「スマートフォンで撮影した写真の共有」は全体の67.1%がなんらかの形で行っており、方法では「LINEなどのチャットアプリ」がもっとも高く42.8%だった。10代の女性は91.0%がなんらかの共有を行っていた。

 さらに、「スマートフォン購入時にスマートフォンカメラの性能を重視した」と回答した985人に、「今後スマートフォンのカメラに求める機能」を聞いたところ、「ズームをしても画像が荒くならない機能」が66.2%でもっとも高く、「暗い場所でもきれいに撮影できる機能」64.0%、「ピントが正確に合う機能」56.2%などが上位となっている。

スマホカメラ、欲しい機能は「綺麗なズーム」「暗所撮影」「ピント調整」

《赤坂薫@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top