『インデペンデンス・デイ』続編キャスト&監督、スカイツリー集結! | Spyder7(スパイダーセブン)

『インデペンデンス・デイ』続編キャスト&監督、スカイツリー集結!

映画 ハリウッドセレブニュース&ゴシップ

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』記者会見
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』記者会見
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』記者会見
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』記者会見
  • ローランド・エメリッヒ監督『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』記者会見
  • リアム・ヘムズワース『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』記者会見
  • ジェフ・ゴールドブラム『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』記者会見
  • マイカ・モンロー『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』記者会見
  • 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』記者会見
1996年公開の世界的ヒット作『インデペンデンス・デイ』の20年後を描く続編『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』のローランド・エメリッヒ監督、主演のリアム・ヘムズワースらが来日。東京スカイツリーにて6月29日(水)、記者会見に臨んだ。

地球に侵攻してきたエイリアンを撃退するというエンターテイメントの続編。新作では前回の戦いから20年後、再度、エイリアンの襲撃を受け、地球人が一致団結して立ち向かうさまを描く。会見にはエメリッヒ監督にリアム、20年前の前作にも出演したジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンローも出席した。

この日は、「最も宇宙に近い」というコンセプトで高さ350メートルの東京スカイツリーの展望デッキ フロア350にて会見が行われた。これまで、数々の作品で地球をメチャクチャにしてきた怖いもの知らずのエメリッヒ監督も「東京は大好きだけど、高いところは怖いんで、いまはすごくナーバスになってるよ」と苦笑い。眼下に広がる東京の街並みに「『ブレードランナー』の世界だね。リドリー・スコットは東京の街からインスピレーションを受けたらしいね」とうなずいていた。

“破壊王”“壊し屋”などの異名で呼ばれるほど、『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』、『2012』と徹底的に自作で世界中を破壊してきたが、本作では侵略者が重力を操り、地球を破壊するという描写がある。「あちこちでいろんな名前を付けられてるみたいだね(笑)。兄のアンディがいつも僕のおもちゃを壊してたことに起因してるのかもしれないな…?」と自らの破壊衝動を分析しつつ、今回の破壊のアイディアについて「いままでやったことがないことは何だろう? と考え、大きな母船が地球に降りて来たらどうなるか? これだけ大きな船なら、それ自体が引力が持っているだろう。アジアが吸い上げられ、ヨーロッパに落とすってのはどうかな? と考えたんだ」と明かした。

自身、初の続編映画となったが「これまで会うひとみんなに『続編はないの?』と聞かれるたびに『作らないよ』と言い続けてきたんだ。あれは独立した映画として完結していると思っていたからね。でも『2012』をとってデジタル技術に触れて目から鱗が落ちたんだ。これなら作ってもいいかな、と思えたんだ」とふり返った。

リアムは20年前の襲撃で両親を失った青年を演じているが「最初に話を聞いた時は嬉しかったし興奮したよ。エメリッヒ監督の大ファンだったからね」と述懐。「両親の死は彼の心の中に常に大きなものとして残っている。それを意識して演じたよ」と明かした。

最後にエメリッヒ監督は「いま、毎週のように世界中で襲撃のニュースが報じられています」と現実の世界状況にも言及。「一致団結すればエイリアンにだって立ち向かえる! この映画はそれをメッセージとして伝えています」と語る。リアムもエンタメ大作としての魅力を強調する一方で「学ぶことがあるとすれば力を合わせて助け合うことの大切さ。そうすれば地球上の問題はきっと解決できる!」と力強く訴えた。

会見後の写真撮影では、スカイツリーとのコラボレーションで、登壇陣の背景に巨大宇宙船の映像を映し出し、東京の街にエイリアンの宇宙船が襲来したかのような映像が作り出された。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は7月9日(土)より公開。

『インデペンデンス・デイ』キャスト&監督が来日!スカイツリーに宇宙船が襲来!?

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top