マーゴット・ロビー、「人生で一番はずかしい写真」を告白! | Spyder7(スパイダーセブン)

マーゴット・ロビー、「人生で一番はずかしい写真」を告白!

映画 ハリウッドセレブニュース&ゴシップ

マーゴット・ロビー(C)Getty Images
  • マーゴット・ロビー(C)Getty Images
  • マーゴット・ロビー(C)Getty Images
  • マーゴット・ロビー-(C)Getty Images
  • マーゴット・ロビー-(C)Getty Images
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオ演じる主人公の妻、『ターザン:REBORN』ではアレクサンダー・スカルスガルド演じるターザンの妻ジェーン・ポーター役に、そして“DC フィルムズ”の第2弾『スーサイド・スクワッド』ではハーレイ・クインを好演するいま最も旬な女優のひとりであるマーゴット・ロビー。

昨年参加したパーティーで、エド・シーランだと思って楽しい時間を過ごした人物が、実はヘンリー王子だったというエピソードを披露し、元々お茶目であることは発覚していたのだが、飾り気のない人間だということをさらに証明する写真がテレビで公開された。

『ターザン:REBORN』のプロモーションで「Jimmy Kimmel Live」に出演したマーゴット。司会のジミー・キンメルが、「きみだと認識できないよ!」と驚く写真は13歳の誕生日に撮影されたもので、紅茶を片手に嬉しそうに「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を読む、いまとはまるで違う風貌のマーゴットが写っている。マーゴットは「人生で一番恥ずかしい写真だわ~」と赤面。

ブロンドのイメージが強いマーゴットだが、写真では黒髪でひっつめており、眼鏡をかけ、歯には矯正器具が。本人も認める「ハリーポッター」オタクだったそうだ。ハリーの外見に近付くために眼鏡を作ろうと、両親や眼科医に「目が悪くなったみたい」とウソまでついて手に入れた徹底ぶりを明かした。

マーゴット・ロビー、「人生で一番恥ずかしい写真」が衝撃的!

《Hiromi Kaku》

編集部おすすめの記事

特集

page top