【映画ではじめるデートプラン 第36回】『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』×夏デート in 新宿 | Spyder7(スパイダーセブン)

【映画ではじめるデートプラン 第36回】『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』×夏デート in 新宿

話題 イベント

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • ロクシタンカフェ「ヴァーベナ ネージュ」
  • 「SALON BUTCHER & BEER(サロン ブッチャー アンド ビア)」
  • 「SALON BUTCHER & BEER(サロン ブッチャー アンド ビア)」 料理イメージ
  • プレミアム ボンベイ サファイアの「Blue art bar」が、バーニーズニューヨーク新宿店で7月2日から24日まで期間限定オープン
今月の映画ではじめるデートプランは、新宿駅周辺で、夏こそ食べたいクールスイーツに、幻想的な空間で展開されるポップアップバーなど、この時期ならではのスイーツやホットなスポットを巡る夏デートをお届け!

今月ピックアップする映画は、今プライベートなニュースでも注目を集めている主演のジョニー・デップをはじめ、豪華スタッフ・キャストが集結した『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』。2010年に公開された『アリス・イン・ワンダーランド』の続編にあたる本作では、前作で監督を務めたティム・バートンは製作に回り、監督は『ザ・マペッツ』のジェームズ・ボビンが務めている。

悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うため、時間を遡るアリスの冒険は幕を開けた。彼女を待ち受けるのは、秘められた真実と“時間の番人”タイムとの戦い。はたして、マッドハッターを救うことはできるのか? そして、運命に逆らい過去を変えることはできるのか――。奇妙で美しい“ワンダーランド”にどっぷり陶酔する時間を楽しんでみて。

今月の映画デートは、新宿駅周辺から期間限定の夏を感じるホットスポットをピックアップしてお届けする。映画館は、「新宿バルト9」や「新宿ピカデリー」、「TOHOシネマズ新宿」の3館で『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が上映される。

まず初めにチェックしたいのは、夏に外せないクールスイーツ、かき氷。南仏プロヴァンスの雰囲気とオーガニックメニューが楽しめるカフェ「ロクシタンカフェ」では、7月13日(水)~8月31日(水)までの夏季限定で、ロクシタンカフェ初のかき氷「ヴァーベナ ネージュ」(1,350円)が登場。シトラスのような爽やかな柑橘系の香りが特徴の「ヴァ―べナ」は、その昔、魔女が恋薬に用いたという言い伝えがあり、「恋を呼ぶハーブ」とも言われている。デートを楽しむカップルにもぴったりなので、ぜひチェックを。

食事処には、駅ナカでありながらミシュラン1つ星の味が気軽に味わえると話題の「SALON BUTCHER & BEER(サロン ブッチャー アンド ビア)」が今月のおすすめ。こちらは「サロン アダム エ ロペ」の新業態の店舗で、4月に新宿の新スポット「NEWoMam」2Fにオープンしたばかりのホットなお店。カウンタースタイルの店内では、本格肉料理と伝統的なバスク料理を、クラフトビールやワインとともに楽しめる。早朝から深夜までオープンしていて、ブレックファスト・ランチ・ディナーに対応したメニューが揃っているため映画デート向き。観る映画の時間に合わせて食事の時間を設定できる上に、エキナカというアクセスの良さもあり、便利な一軒だ。

最後にご紹介するのは、ちょっと大人な限定バー。プレミアムジン「ボンベイ・サファイア」が、アイコンカラーでもある「青」の世界をテーマにした「Blue art bar」をバーニーズニューヨーク新宿店10Fにて、7月2日(土)~24日(日)までの期間限定でオープンする。※8月14日(日)~ 8月28日(日)の期間は、場所を移して「SHELF 67 SHIBUYA TSUTAYA 6/7F」にて開催。

バーでは、クリエイター集団「ゼロバイゼロ」のキャンドルライト「Kvel」が照らす中、特設サイト「blue art by Bombay Sapphire」で紹介されている「青」にまつわるストーリーの展示「blue art『青を探す旅』」を眺めながら、ボンベイ・サファイアのオリジナルカクテルが楽しめる。「青」の持つクールでミステリアスな魅力を二人で体感してみて。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は、2016年7月1日(金)より全国にて公開。
《text:Miwa Ogata》
page top