【プロ野球】イケるぞ20発、20勝!大谷翔平が見せる「野球のロマン」 | Spyder7(スパイダーセブン)

【プロ野球】イケるぞ20発、20勝!大谷翔平が見せる「野球のロマン」

スポーツ 国内

大谷翔平 参考画像(2015年3月21日)
  • 大谷翔平 参考画像(2015年3月21日)
日本ハムは7月3日にソフトバンクと敵地で対戦、大谷翔平が1番・投手起用に応える先制のソロ弾、投げては8回、5安打無失点、10奪三振で8勝目をマーク。日本ハムは3連戦を全勝した。

先発メンバーが発表されるとヤフオクドームがざわついた。この日の日本ハムは1番・投手として大谷を起用。大谷のDH解除には慣れているパ・リーグファンも、さすがに1番打者は予想外だった。大谷も慣れない打順に、「ビックリしました」と振り返っている。

それでも奇策を単なる奇策で終わらせないのが大谷だ。甘く入った初球のスライダーを完璧にとらえると、打球は右中間スタンドへ飛び込む先制の第10号ソロ。投手による初回先頭打者初球ホームランはプロ野球史上初。

「まっすぐを思い切り打とうと思ってたんですけど、スライダーが浮いてきたので振りました」

本塁打のほかにも大谷は3つの四球を選び、2打数1安打、1本塁打、1打点、4出塁。1番打者としての役割を果たした。投手としても四回までは毎回の安打を許すが、尻上がりに調子を上げ8回無失点。五回以降はソフトバンク打線を無安打に抑えている。

投打で勝利に貢献した大谷にファンからは、「漫画の登場人物だよ」「漫画でもやりすぎって言われる」「1番に入れる監督もすごいけど、ホームラン打つ大谷…」「15勝&15本が見たい」などの声が寄せられている。

大谷の1番起用について栗山英樹監督は、「ずっと考えてきたこと。準備の問題があるし、3番だと難しい」と説明。投球までの準備を考えると、1番のほうが慌ただしくないと判断したと明かした。

大谷の初球先頭打者アーチは、「野球のロマン。ファンの方が度肝を抜かれるようなプレーだった」と称賛。期待の大きさから普段あまり大谷を褒めない栗山監督も、この日は特別だった。

大谷翔平の初球先頭打者アーチ…栗山監督も称賛「野球のロマン」

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

特集

page top