BMW、お台場に体験型ショールーム「BMW GROUP TOKYO BAY」がグランドオープン | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW、お台場に体験型ショールーム「BMW GROUP TOKYO BAY」がグランドオープン

自動車 スポーツ・エンタメ

BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
  • BMW GROUP TOKYO BAY
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は7月8日、東京お台場地区にBMWとMINIのフルラインナップが展示、試乗できるブランド体験ショールーム、BMW GROUP TOKYO BAYをグランドオープンした。

BMWは大都市に直営店を配してビジネスを展開している。「このショールームはライトハウスプロジェクトと呼ばれいる。ライトハウスとは灯台という意味で、全国ネットワークのひとつの指標になるようなショールームを作ろうとプロジェクトをスタートさせた」とは、同社BMW東京/大阪プロジェクトディレクターの伊集院正行氏の弁。

そして、「我々は直営店というネットワーク戦略を持っていることから、ここ、ライトハウスも直営店であり、ただ単にクルマを販売する大きなショールームを作るだけではなく、ブランドを“体験”できる販売拠点なのだ」という。

現在他のインポーターやメーカーもブランドショップを作っている。伊集院氏は「クルマを売らないショールームなどがあり、素晴らしいアイディアだと思う。しかし、我々の戦略として、あくまでもブランドを体験してもらう場所は、販売拠点の延長線上にあるものだ」と述べる。

伊集院氏は、「各インポーターやメーカーが、大きなブランドショップなり、販売店を作る意味は、競争の厳しい中での新規見込客の獲得をどう効率的に行っていくかということで、我々もその目的で展開している」とし、BMWのモデルラインナップが非常に充実している現在、全てのラインナップを試乗できる場所を作ることで、「パーティなどを開催するだけではなく、ハンドルの前に座って、クルマを駆ることで、BMWの駆け抜ける喜び、MINIのゴーカートフィーリングを味わってもらう。そうすることで本当のBMWのブランド体験をしてもらえるのだ」。その結果として、「ブランドを理解し、好いてもらい、クルマを買ってもらえるような理想的なものを作ろうと計画した」とこのショールームの意義を語った。

【BMW GROUP TOKYO BAY】BMWとMINIの全車種を体験できるショールーム、グランドオープン

《内田俊一@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top