スープラ 後継車、BMWエンジンにトヨタのハイブリッド技術導入か | Spyder7(スパイダーセブン)

スープラ 後継車、BMWエンジンにトヨタのハイブリッド技術導入か

自動車 新車スクープ

2002年に生産を終了したトヨタスープラ
  • 2002年に生産を終了したトヨタスープラ
  • トヨタ スープラ 後継スポーツカーに関する最新情報を掲載した英『Auto EXPRESS』
トヨタ自動車が現在、開発を進めていると見られる新型スポーツカー。この『スープラ』後継車と伝えられるモデルについて、興味深い新情報がもたらされた。

これは7月3日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が報じたもの。スープラ後継車に関して、同メディアが独自に集めた最新情報を公開している。

スープラ後継車については、次世代スポーツカーを共同開発することで合意しているBMWとトヨタが全面協力。BMW版は、現行の『Z4』の後継車として登場するもよう。

同メディアが発信した最新情報で注目できるのは、スポーツカーの中核をなすパワートレイン。同メディアによると、スープラ後継車では、BMW製エンジンに、トヨタのハイブリッドシステムを組み合わせるという。

さらに同メディアは、「このハイブリッドシステムには、レーシングカーのトヨタ『TS050ハイブリッド』の技術が導入される」とレポート。BMW製エンジンが後輪を駆動し、前後に配置されたトヨタ製のモーターが、パワーを4輪へ伝えるシステムになる可能性を報じている。

トヨタ スープラ 後継車、BMWエンジンにトヨタのハイブリッドか

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top