iOS10ベータ版、ダウンロード方法をチェック! | Spyder7(スパイダーセブン)

iOS10ベータ版、ダウンロード方法をチェック!

話題 テクノロジー

iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック
  • iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック
  • iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック
  • iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック
  • iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック
  • iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック
  • iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック
  • iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック
  • iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック
 Appleが現地時間8日にリリースした「iOS 10 Public beta 1」を筆者もダウンロード、インストールしてみた。今回はその方法や所感をまとめておく。

■筆者の環境

 まず、筆者の使用デバイスは「iPhone SE」の64GBで、契約キャリアはNTTドコモ。環境が変われば、動作も変わる可能性があることをあらかじめ断っておく。また、今回リリースされた基本ソフトは、あくまでもベータ版であることを忘れないようにしてほしい。

 ベータ版はまだ未完成なソフトであり、何らかの不具合があることを認識しておく必要がある。Appleは、「Apple Beta Software Program」を展開しており、こうしたベータ版を、開発者だけでなく、一般ユーザーも正式リリースに先んじて使えるようにしている。

 今回は、同プログラムを利用して「iOS 10 Public beta 1」のダウンロード、インストールを行った。

■「Apple Beta Software Program」の登録方法

 「Apple Beta Software Program」には登録が必要だが、難しいことはない。同プログラムのトップページから「登録」を選択。その後、遷移先のページでApple IDとパスワードを入力してサインイン。完了すれば、今回ダウンロード、インストールを行うデバイスを選択する。

 その後、同意事項を読んで「承諾」タブをクリック。先述の通り、今回インストールする基本ソフトは「ベータ版」であることを再認識してほしい(※同意事項にも、そういった内容が記載されている)。これで完了だ。

 ここまでの登録作業はPC環境でも良かったが、ここから先は、「iOS10 Public beta 1」を実際にインストールする端末から実行する。ただ、「ベータ版」では何が起きるかわからないので、万が一に備えてiTunesにバックアップをとっておくことを強くおすすめする。

 ベータ版のダウンロードページで、Apple IDとパスワードを入力してサインインし、「プロファイルをダウンロード」を選択して、「iOS Software Profile」をインストール。「承諾」が求められるが、問題がなければ、「インストール」をタップ。それが終われば、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」と移動し、ついに「iOS 10 Public beta 1」を「ダウンロードとインストール」。ここでも再度同意が求められるが、問題がなければこれまでと同様に「同意」を選択して先に進もう。

 すると、ついにソフトウェアアップデートが開始される。ちなみに、少し混み合っていたのかもしれないが、筆者の環境ではダウンロードに約3時間もかかった。

 ダウンロードが済めば、いつものアップデートと同様に、「今すぐインストール」を選択。アップデートの検証作業が始まるので、あとはその時を待つのみだ。これが終われば、見慣れた「こんにちは」の画面が出現する。iOS 10では、ロック画面の解除が「スライド」から「押す」に変わることはご紹介した通りだが、「ホームを押して開く」の文字もしっかりと確認できる。「Wi-Fi」の選択など、諸々を終えれば、ついにインストール完了だ。

■「iOS 10 Public beta 1」は誤動作も一部存在した

 何度かお伝えしているように、「iOS 10 Public beta 1」はまだテスト段階であるため、少しだけ誤動作がある印象だ。

 ホーム画面のスワイプや、コントロールセンターの挙動に違和感はないが、アプリをタップした際に、本来長押し時に適用される移動や削除ができる状態になってしまうことが複数回確認できた(※「iOS 9」ではそんなことがなかった)。

 ただし、ロック画面の解除が明らかに高速化していたり、通知センターが見やすくなっていたりと、細かな点で満足度は高い。

 iOS 10は、これまで通りのスケジュール感でいけば、9月中旬から10月初旬辺りのリリースが見込まれる。メジャーアップデートの割に目立った変更箇所が少ないなどと言われてはいるが、個人的にはなかなか気に入った。その他、新機能については、別の機会でご紹介しようと思うのでお楽しみに。

iOS 10ベータ版、使ってみた!ダウンロード方法をチェック

《Tsujimura@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top