対応カーナビでスマホアプリを操作!ついに日本上陸した「Android Auto」 | Spyder7(スパイダーセブン)

対応カーナビでスマホアプリを操作!ついに日本上陸した「Android Auto」

自動車 テクノロジー

Android Auto(C)Getty Images
  • Android Auto(C)Getty Images
  • 車載システム「Android Auto」がついに日本上陸!スマホ操作が対応ナビで可能に
  • 車載システム「Android Auto」がついに日本上陸!スマホ操作が対応ナビで可能に
  • 車載システム「Android Auto」がついに日本上陸!スマホ操作が対応ナビで可能に
  • 車載システム「Android Auto」がついに日本上陸!スマホ操作が対応ナビで可能に
 Googleは本日13日、車載システム「Android Auto」の日本での提供を開始した。

■「Android Auto」とは?

 「Android Auto」は、Android 搭載スマートフォン(※基本ソフトは「 Android 5.0」 以降の搭載が必要)を、対応している車やカーナビにUSBケーブルなどを用いて接続することで、スマートフォン内のアプリなどをカーナビの画面上で操作することが可能になるシステム。

 同システムは2014年に米国で発表され、現在では 40 以上の自動車メーカーや車載機メーカーによって、100 種類以上のモデルが対応している。

■「Android Auto」の利用シーン

 スマートフォンを使いながらハンドルを握る危険な運転が国内でも問題となっているが、「Android Auto」は安全を最優先に考慮して設計されており、スマートフォンを接続すれば、Google マップや、電話、メッセージの送信などが音声操作で行えるようになり、接続中はスマートフォンの画面がロックされるため、ユーザーはタッチでスマートフォンを操作することができなくなる。

 定額制音楽配信アプリ AWAなど 「Android Auto」に対応したアプリもすでに配信されており、今後はこうしたサードパーティー製の便利なアプリも増えてていきそうだ。

 「Android Auto」の利用には、専用アプリのダウンロード/インストールが必要なので、対応車種、カーナビを所有しているユーザーは、Google Playからダウンロードをしてみてはいかがだろうか。

車載システム「Android Auto」がついに日本上陸!スマホ操作が対応ナビで可能に

《Tsujimura@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top