中山美穂が年下男子を調教!?2年ぶり主演ドラマは濃厚愛憎劇 | Spyder7(スパイダーセブン)

中山美穂が年下男子を調教!?2年ぶり主演ドラマは濃厚愛憎劇

話題 アイドル

連続ドラマW「賢者の愛」(C)WOWOW
  • 連続ドラマW「賢者の愛」(C)WOWOW
  • 連続ドラマW「賢者の愛」(C)WOWOW
この度、WOWOWでは直木賞受賞作家・山田詠美の著作「賢者の愛」を連続ドラマ化することを決定。主演には、WOWOWオリジナルドラマ初出演、約2年ぶりのドラマ主演となる中山美穂が務め、濃厚な“愛”と“復讐”と“欲望”に翻弄される女性を熱演することも分かった。

東京近郊の高級住宅街にたたずむ古い洋館で、13歳の高中真由子は編集者の父、母、そして真由子が恋心を抱く、離れに住む作家志望の青年・澤村諒一と幸せに暮らしていた。ある日、隣の豪邸に真由子と同じ年頃の朝倉百合が家族で越してくる。すぐに仲良くなった真由子と百合だが、控えめな真由子は自由奔放で真由子のものをすべて欲しがる百合に振り回されるように。やがて社会人となったある冬、百合が突然、諒一の子どもができたと告白し、百合と諒一は結婚。百合の出産に立ち会った真由子は、息子に名前を付けてほしいと百合にせがまれ、ある想いから「直巳(ナオミ)」と名付ける。それから20年。いまや文芸誌の編集者となった真由子は、百合や諒一に内緒で直巳と逢瀬を重ねていた。直巳は真由子に依存し彼女を求め続けてしまう。それこそが、真由子の20年におよぶ“復讐”だった――。

1987年「ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー」で直木賞を受賞するなど、数々の賞に輝いている恋愛小説の名手・山田氏。そんな山田氏が描く、谷崎潤一郎の「痴人の愛」をモチーフに、主人公の女性が初恋の人と親友の間に生まれた息子を、20年の歳月をかけて“自分好みの男”に調教していく話題作「賢者の愛」を初映像化する。

主人公・高中真由子役には、昨年に歌手デビュー30周年を迎えた中山さん。真由子は、美しさと賢さを併せ持つ凛とした大人の女性だが、親友の息子で25歳年下の青年・澤村直巳を調教し、復讐の道具として仕立てあげるという別の顔を持っている。また、真由子の初恋相手と結婚し、彼女の人生を狂わせる女性・澤村百合役には高岡早紀。百合の息子で、真由子に絶対の服従心を抱く青年・澤村直巳役には、『orange-オレンジ-』『シマウマ』『泣き虫ピエロの結婚式』など出演作が続く竜星涼が抜擢された。

そのほか、真由子の母に朝加真由美、父に榎木孝明、真由子の初恋の相手・澤村諒一役に田辺誠一と、豪華キャストが勢揃いしている。また、監督は『東京タワー Tokyo Tower』などのヒット作を手掛けた源孝志監督。監督が仕掛ける大人の人間ドラマも見どころのひとつとなっている。

さらに今回は、WOWOWオリジナルドラマ史上類を見ない、大胆なポスタービジュアルも到着。物語のイメージカラーでもあるミッドナイトブルーの世界に溺れる、中山さんと竜星さんが写し出された本ビジュアルは、25歳差の愛憎劇の行方を彷彿とさせる仕上がりになっている。

初恋の人を一瞬で奪い去った親友と、その周りの人々への“復讐”が生きる糧となってしまった悲しき主人公の、背筋の凍るような心理戦を軸に、20年にわたる“愛”と“憎”を鮮烈に描いていく本作。果たしてその復讐の行く末とは…。驚愕の結末を見逃さないでいて。

連続ドラマW「賢者の愛」は8月20日(土)22時~WOWOWプライムにて放送(全4話)。

中山美穂、2年ぶり主演ドラマで年下男子を調教!濃厚な愛憎劇「賢者の愛」

《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top