Microsoft「Surfaceシリーズ」、価格改定で値下げ!8月の大型アップデートで機能充実へ | Spyder7(スパイダーセブン)

Microsoft「Surfaceシリーズ」、価格改定で値下げ!8月の大型アップデートで機能充実へ

話題 新商品

SurfaceとSurface
  • SurfaceとSurface
  • Surface値下げ!
  • 日本マイクロソフト 執行役員 常務 高橋美波氏
  • PCユーザーのうち2割以上が2in1デバイス
  • Surfaceが注力する3分にゃ
  • 日本マイクロソフト 業務執行役員 マイクロソフトデバイス戦略本部 本部長 三野達也氏
  • プロの写真家の活用例
  • イラストレータはペンタブからスクリーンへのペン入力を評価
 マイクロソフトは15日、Surfaceシリーズの価格改定を発表。関連して同製品のマーケットレビューや8月に予定されているwindows 10の周年アップデートで追加される新機能のうち、タッチ、ペン機能に親和性の高い「インク」関連ユーティリティが紹介された。

 まず価格改定は、個人向け、法人向けともに現行各モデルのMicrosoft Storeの販売価格より10,000円から25,000円程度の値下げとなる。新価格は15日から適用される。例えば、Surface Pro4のi5/256GB/8GBモデルは179,800円(税抜き)から159,800円(同前、以下同)と20,000円の値下げだ。Surface Bookのi7/512GB/16GB/GPUモデルは、344,800円から319,800円に値下げされる。

 学生向けに「学生優待プログラム」も同時にスタートする。Pro4やBookなどを指定アクセサリとセット購入すれば一定のキャッシュバックを受けられるというものだ。対象条件の詳細は、マイクロソフトのホームページで確認する必要があるが、条件を満たせば、最大で42,000円が返金される。マイクロソフトでは、値下げと優待プログラムによって、授業や就職活動にSurfaceを活用してもらいたいとする。

 Surfaceは発売から3年を迎える製品だが、日本マイクロソフト 執行役員 常務 高橋美波氏によれば、Surfaceの認知度は60%を超え、市場での2in1製品の構成比は21%に達し、縮小するPC市場の中で2in1市場は50%の成長率を誇るという。用途もこれまでのビジネスPCよりも、クリエイティブ分野への浸透が進み、Surfaceユーザー58%がクリエイティブ用途に利用している。そのためかSurface+ペン利用というユーザーも43%いる。また、文教モデルの設定があるためか、学生ユーザーの割合も約3割と高い。

 このような市場ポジションから、高橋氏は「今後Surfaceはクリエイター、学生、法人の3つ注力分野として製品やサービス開発を続けていく」と述べる。

 具体的には、イラストレーター、フォトグラファー、3DCADエンジニアだといい(業務執行役員 マイクロソフトデバイス戦略本部 本部長 三野達也氏)、実際にSurfaceを活用している、画像整理や加工を行っている写真家、ペンタブレットからSurfaceに乗り換えたイラストレータの事例が紹介された。

 イラストレーターは、ペンタブレット違って、画面に直接ペンで描画できる点を評価していた。3DCADの事例は、2018年冬季オリンピックに向けてジャマイカチームのボブスレーを設計するプロジェクトが紹介された。Surface BookにはGPUが搭載され、画像処理やレンダリングパフォーマンスも高い。現場で設計を合わせることもあり、CAD環境が持ち歩けるSurfaceは便利なようだ。また、13日にリリースされた木村カエラさんの新曲ミュージックビデオには、骨格や心臓の3Dモデルが登場するのだが、この処理にもSurfaceが利用された。

 三野氏は、Surfaceの機能を生かすものとして、Windows 10 Anniversary Updateで追加または強化される「Windows Ink」「Windows Hello」を紹介した。

 Windows Inkは、画面やタブレットを紙のように使うデジタルインク技術の製品。Windows 10では、タスクバーにWindows Inkを追加し、画面に付箋を貼り付けたり、ブラウザやアプリの画面にメモや注釈を入れたり、といった作業を簡単、シームレスに行えるようになる。Microsoft Edgeの「Webノート」機能がデスクトップやアプリの画面にも使えるようになると思えばいいだろう。画面に直接書き込んでメモをとる、絵を描くといったスタイルがより自然になる。

 Windows Helloは、シングルサインオンのような機能を指紋や顔認証などの生体認証で可能にする。Windowsのパスワード管理機構である「パスポート」と連携し、各種サービスのログインやECサイトでの認証を生体認証で済ませることができる。アプリやWebサイト側でWindows Helloに対応する必要があるが、2in1デバイスの場合、キーボードを出さなくても、あるいは画面のテンキーでパスワードの入力をしなくても、指紋やカメラで認証ができる。デモでは、DropboxへWindows Helloでアクセスする様子が披露された。

Microsoft「Surfaceシリーズ」、価格改定で値下げ!8月の大型アップデートでペンタブ、インク機能を充実へ

《中尾真二@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top