ロータス、ファンが選んだカスタマイズ「エヴォーラ400」を限定10台で生産 | Spyder7(スパイダーセブン)

ロータス、ファンが選んだカスタマイズ「エヴォーラ400」を限定10台で生産

自動車 ニューモデル

ロータス エヴォーラ400 ブルー&オレンジ
  • ロータス エヴォーラ400 ブルー&オレンジ
  • ロータス エヴォーラ400 ブルー&オレンジ
  • ロータス エヴォーラ400 ブルー&オレンジ
英国のスポーツカーメーカー、ロータスカーズは7月11日、ファンが選んだ『エヴォーラ400』のカスタマイズ、「ブルー&オレンジエディション」を初公開し、10台を限定生産すると発表した。

エヴォーラ400は2015年3月、ジュネーブモーターショー15で初公開。ロータスカーズの新しいフラッグシップ・スーパーカーで、ロータス史上、最速かつ最もパワフルな市販車として登場した。

ミッドシップに搭載される3.5リットルV型6気筒スーパーチャージャーは、専用チューニングを実施。最大出力400hp、最大トルク41.8kgmを引き出す。車両全体で、22kgにおよぶ軽量化も実施。動力性能は、0-100km/h加速が4.2秒、最高速が300km/h。

7月11日、ロータスカーズは、エヴォーラ400のカスタマイズ車、ブルー&オレンジエディションを初公開。各ソーシャルメディアを通じて、ファン投票を行い、同社のデザイン部門が提示した中から、最も人気の高いエヴォーラ400のカスタマイズ車を決定した。

ロータスカーズは、このエヴォーラ400のブルー&オレンジエディションを10台、限定生産する計画。ロータスカーズは、「ブルーを基調にオレンジを配したのは、1960年代のレーシングカーがモチーフ」と説明している。

ロータス エヴォーラ 400 に限定10台、ファンが選んだカスタマイズ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top