メルセデス、Aクラス次世代型に日産共用プラットフォームでボディ拡大へ | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデス、Aクラス次世代型に日産共用プラットフォームでボディ拡大へ

自動車 新車スクープ

メルセデスベンツ Aクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス スクープ写真
メルセデスベンツのCセグメントハッチバック、『Aクラス』次世代型のプロトタイプをキャッチした。

コードネーム「W177」と呼ばれる次期型は、ルノー日産と共用する次世代プラットフォーム「MFA」を採用、軽量化及び剛性の向上が図られるとリポートされている。

また、根本からボディ構造が見直され、ホイールベース、全幅、全長を延長し、リアのヘッドルームやリアゲートの開口などにも、大幅な改善が期待出来そうだ。

パワーユニットは1.6リットル及び2リットルの直列4気筒エンジンがアップデートされ、燃費の向上及び馬力アップが見込まれている他、プラグインハイブリッドモデルの投入もあるかもしれない。

ワールドプレミアは2017年のフランクフルトモーターショーが最有力だろう。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top