吉野家、スマホアプリで”仮想マイボトルキープ”が可能に! | Spyder7(スパイダーセブン)

吉野家、スマホアプリで”仮想マイボトルキープ”が可能に!

話題 新商品

吉野家は20日、吉呑みを活性化させる新サービス「デジタルボトルキープ」を発表した。写真は同社 代表取締役社長の河村泰貴氏
  • 吉野家は20日、吉呑みを活性化させる新サービス「デジタルボトルキープ」を発表した。写真は同社 代表取締役社長の河村泰貴氏
  • デジタルボトルキープのメリットその1。通常価格より500円安く飲める
  • デジタルボトルキープのメリットその2。対象となる吉野家(全国540店舗)全店で利用できる
  • 利用の流れ。スマホに表示されるQRコードを実店舗の従業員に提示、従業員がそれをiPadで読み取ることで購入が完了する
  • 歩けば歩くほどお得なクーポンがもらえる、スマホの歩数計と連動した新コンテンツ「歩く割」も提供が開始された
  • 吉野家アプリでは、デジタルボトルキープ、歩く割、弁当予約、店舗検索、吉野家公式通販ショップが利用できる
 吉野家は20日、スマートフォン連動型の新サービス「デジタルボトルキープ」を発表した。

■吉野家全店にボトルをキープできる

 デジタルボトルキープは、スマートフォンのアプリ上でビールや焼酎の“仮想マイボトル”を購入することで、通常価格より500円安く飲めるサービス。例えば1杯350円の生・瓶ビールなら10杯分が3,000円で、1杯300円の焼酎なら10杯分が2,500円で購入できる。有効期間6ヵ月内なら、対象となる吉野家(全国540店舗)全店で利用できる。

 利用の流れは以下の通り。会員登録後、スマホの画面上で希望の酒類を決定する。決定後に表示されるQRコードを実店舗に持って行き、それを店舗スタッフがiPadで読み取ることで購入が完了する。アプリ上ではマイボトルの残量が確認できる仕様だ。

 記者説明会に登壇した吉野家 代表取締役社長の河村泰貴氏は「仕事帰りに、家族との外食に、利用シーンにあわせて吉呑みをご利用いただける」とアピールした。ちなみにデジタルボトルキープが利用できる店舗のエントランスには、目印として”吉呑み”と書かれた赤い提灯が下がっているとのこと。なお、吉呑みが利用できる時間帯は夕方以降となっている(詳細な時刻は店舗により異なる)。

 吉野家では、スマートフォン向けに「吉野家アプリ」を用意した。上記のデジタルボトルキープのほか、歩けば歩くほどお得なクーポンがもらえる、スマートフォンの歩数計と連動した新コンテンツ「歩く割」も利用できる。歩く割では現在、東海道を擬似的に歩けるコンテンツ“東海道五十三次歩き”を提供中。河村社長は「弊社では、グループをあげて健康増進の取り組みを行っている。お客様には、美味しく食べながら健康になっていただきたい。歩く割はゲーム感覚で楽しめ、歩いた分だけクーポンも得られる。運動習慣も続くのではないか」と紹介した。

 吉野家アプリではこのほか、「弁当予約」「店舗検索」「吉野家公式通販ショップ」なども利用できる。同アプリのiOS版はApp Storeにて20日より配信を開始した。Android版は8月1日から配信されるという。河村社長は「吉野家ではこれからも、お客さまに楽しんでいただけるようなサービスの開発に勤しんでいきたい」としている。

吉野家、スマホアプリで“ボトルキープ”を実現!通常より500円安く“吉呑み”ができる!

《近藤謙太郎@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top