人気加熱中!「ポケモンGO」、熱狂ぶりを写真でチェック | Spyder7(スパイダーセブン)

人気加熱中!「ポケモンGO」、熱狂ぶりを写真でチェック

話題 新商品

(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
 iOS/Android向けARアプリ「ポケモンGO」は、欧米諸国で先行リリースが開始され、熱狂的な人気を集めている。日本ではいまだリリースされていないが、マクドナルドがコラボレーションを発表するなど、その時は刻々とせまっている印象だ。ここで、「ポケモンGO」がどのようなゲームなのか、改めて振り返っておこう。

■開発元は「Ingress」で知られるNiantic

 「ポケモンGO」の開発は、リアルワールドゲーム「Ingress」の開発元としても著名なNianticが担当している。ユーザーは、自宅付近や旅行先で、100匹以上のポケモンを捕まえたり、ポケモンとジムやバトルに繰り出したりといった遊び方が可能だ。



 ユーザーの位置および移動速度によって、ポケモンのタマゴをかえすことができるので、国民の肥満率に苦しむアメリカでは、肥満対策の1つとしても注目され始めている。

■Twitterのデイリーユーザーを抜き去るなど、爆発的な人気を集める

 米国を含む一部の国で、現地時間7月6日に先行リリースされると、その勢いは加速を続け、配信後数日でTwitterのデイリーユーザー数を抜いたり、Facebookの滞在時間を抜いたりと、爆発的な人気を集めている。

 すでに、リアルな人の動きにも貢献しており、人気のポケモンを求めて、ニューヨークのセントラルパークに多くのユーザーが集結した様子などは、世界に衝撃を与えた。

 また、米大統領選に出馬しているヒラリー・クリントン候補も、その人気にあやかり、公式集会の会場に課金アイテムの設置を約束するなどした。

■心配される事故や事件

 こうした人気から、すでに複数の事件や事故が起きている。

 熱中したユーザーが、ポケモンを捕まえたいがあまり、立ち入り禁止区域に踏み込んだり、高速道路上に車を停めたり、崖から転落したりと、その内容は、プレイしたことがないユーザーにとっては信じられないものばかりだ。

 本記事では、「ポケモンGO」が先行配信されている国での、街中におけるプレイ状況を、写真でまとめているが、皆画面をのぞきこむのに夢中である様子が見てとれる。

 日本でも近日中のリリースが予想されるが、「歩きスマホ」をはじめとした危険行為は、自身の身に危険を及ぼすだけでなく、周囲の人々に迷惑をかけるので、決してしないよう徹底しながら楽しんで欲しい。

【フォトレポート】一足先に海外でリリース!「ポケモンGO」熱狂ぶりを写真でチェック

《Tsujimura@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top