スバル、インプレッサ新型・国内仕様を専用サイトで公開!歩行者保護エアバッグ初装備 | Spyder7(スパイダーセブン)

スバル、インプレッサ新型・国内仕様を専用サイトで公開!歩行者保護エアバッグ初装備

自動車 ニューモデル

新型インプレッサ イメージ
  • 新型インプレッサ イメージ
  • 新型インプレッサ SPORT & G4 エクステリアイメージ
  • 新型インプレッサ インテリアイメージ
  • 新型インプレッサ 歩行者保護エアバッグ実験
富士重工業は7月26日、今秋発売予定の新型『インプレッサ』(国内仕様車)を専用サイトにて先行公開した。

第5世代となる新型インプレッサは、富士重工業が中期経営ビジョン「際立とう2020」において次世代モデルの第1弾として位置づける戦略車。次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」をはじめとした様々な新技術を投入し、「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現した。

総合安全性能では、スバル初となる歩行者保護エアバッグとアイサイト(ver.3)を全車に標準装備。また新プラットフォーム採用により、危険回避性能と衝突安全性能を高め、乗員・乗客はもとより周囲の人々も含めた安全を強化した。

動的質感では、新プラットフォームによりボディとサスペンションの剛性が大幅に向上したことで、不快な振動騒音がなく、思い通りに走り、快適な乗り心地を実現。静的質感では新デザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を量産モデルとして初めて全面採用。機能性とデザイン性を両立し、内外装の細部の仕上げに磨きをかけることで、スバルの次世代を担うコンパクトカーとしてクラスの枠にとらわれない高い質感を実現した。

【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top