Amazonのドローン宅配、英国郊外でいよいよ飛行テストが可能に! | Spyder7(スパイダーセブン)

Amazonのドローン宅配、英国郊外でいよいよ飛行テストが可能に!

話題 テクノロジー

Amazonのドローン宅配、英国政府と提携!郊外での飛行テストが可能に
  • Amazonのドローン宅配、英国政府と提携!郊外での飛行テストが可能に
  • Amazonのドローン宅配、英国政府と提携!郊外での飛行テストが可能に
  • Amazonのドローン宅配、英国政府と提携!郊外での飛行テストが可能に
 現地時間25日、米Amazonはドローン宅配サービス「Amazon Prime Air」による配達テストに関して、英国政府と提携したことを発表した。

 「Amazon Prime Air」とは、ユーザーが5ポンド(約2.3キログラム)以下の商品を注文してから、30分以内に配達するサービス。Amazonが独自に開発を続けてきた、小型のドローンを用いてこれを行う。独自開発のドローンには、自動回避センサーが搭載されているため、障害物を安全に回避することが可能だが、これまでは米連邦航空局(FAA)による規制によって、そうした機能の有用性を街中で確認したり、実証したりすることができなかった。しかし、今回の英国政府との提携により、風向きが変わりそうだ。

 提携の具体的な部分として、Amazonは英国民間航空局 (CAA)と協力し、英国内の農村部や郊外で、テストフライトを行う。そこでは、1人の操縦者が複数の自動化されたドローンを操作し、自動回避センサーの性能をチェックする。

 一方で、協力する側のCAAとしても、今回の一件によって、ドローンの安全な使用に関する知見を得て、将来の政策や規制の策定に役立てることを目指している。つまり、Amazonとしてはテストフライトの検証とともに、取り組みが成功すれば、将来的に英国政府からドローン宅配の認可を受けられる可能性もあるわけだ。

 Amazonのグローバルイノベーションポリシー/コミュニケーション担当副社長を務めるPaul Misener氏は、今回の提携について「英国はドローンによるイノベーションを可能にするリーダーである。我々は、長きにわたって同分野に投資してきた。今回の発表によって、英国とのパートナーシップを強化し、英国およびグローバルにおいて、『Amazon Prime Air』サービスを確立する足がかりとする」と語った。

 Amazonは公式に認めてはいないが、同社をはじめとした通販会社にとって、輸送にかかるコストは非常に大きいものであると考えられる。「Amazon Prime Air」については、速達性重視の付加価値サービスだが、将来的には多くの輸送が、こうしたドローンによって、すべて置き換わってしまう時代がくるかもしれない。

Amazonのドローン宅配、英国政府と提携!郊外での飛行テストが可能に

《Tsujimura@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top