【メジャーリーグ】ダルビッシュ、158キロ雄叫びも3勝目ならず | Spyder7(スパイダーセブン)

【メジャーリーグ】ダルビッシュ、158キロ雄叫びも3勝目ならず

スポーツ 海外

ダルビッシュ有 参考画像(2016年7月27日)
  • ダルビッシュ有 参考画像(2016年7月27日)
  • ダルビッシュ有 参考画像(2016年4月4日)
テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有は7月27日、ヒューストン・アストロズ戦に先発して6回を投げ、4安打2失点、6奪三振だった。

勝利投手の権利を持ってマウンドを降りたが、八回に3番手のマット・ブッシュがつかまりチームは4-6で逆転負け。ダルビッシュに3勝めはつかなかった。

立ち上がりの制球に苦しんだダルビッシュ。初回からクリス・デービスに一発を浴び2失点するが、以降は立ち直ってアスレチックス打線を無失点に抑えていく。レンジャーズは五回に2死からイアン・デズモンドの2ラン本塁打で逆転に成功する。

1点リードで継投に入ったレンジャーズ。だが八回、ブッシュが先頭から連打を浴びると、2本塁打で逆転を許した。

3勝目は逃したが好投を見せたダルビッシュにファンは、「今日も良かったよ。あとは球数とイニングを増やしていけると良いな」「ダルビッシュ勝てなかったか。でも、苦手なオークランドに6回2失点なら悪くないな」「さすがに上げてきたなダルビッシュ」などの声が寄せられている。

93球を投げ六回で降板したダルビッシュ。交代のタイミングについて試合後、「(七回も)行けたかもしれないが、最後の打者で全力を出しきったと感じた」と話している。

ダルビッシュ好投も3勝目ならず、レンジャーズは救援陣が打たれる

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

特集

page top