トラックに新時代到来!メルセデスが航続距離200kmの完全EV「Urban eTruck」を発表 | Spyder7(スパイダーセブン)

トラックに新時代到来!メルセデスが航続距離200kmの完全EV「Urban eTruck」を発表

自動車 ニューモデル

Urban eTruck
  • Urban eTruck
  • Daimler eTrucks Campus
  • Daimler eTrucks Campus
  • Daimler eTrucks Campus
  • 都市間をつなぐ短距離輸送に対応する
  • Daimler eTrucks Campus
  • バッテリーパック
  • 充電方式はコンボtype2
27日(現地時間)、ダイムラーは、9月のIAA 2016(国際商用車ショー)での公式発表に先駆け、本社のあるシュトゥットガルトにおいて『Urban eTruck』のプレス向けカンファレンスを開催した。

Urban eTruckは、総重量25トンクラス、航続距離200kmのEVトラックとしては世界初の発表となる。ゼロエミッション、200km以下の短距離輸送、大型でありながらフルEVという性能を実現するため、オーダーメイド設計される。大きな特徴はハブ内側に最大出力125kWのモーターを2個搭載した独特のアクスルと回生ブレーキだ。

アクスルは、同社のハイブリッドバス、FCVバスに採用されている低床タイプに対して、バッテリーパックおよび2個のハブモーターを取り付けるためモディファイされた。関連して、駆動輪はワイドシングルタイヤが採用された。

各モーターの最大トルクは500Nm。ギア等を介した最終トルクは1万1000Nmになる。バッテリーの総容量は212kWhでフル充電で200kmの航続距離を達成する。充電時間は、80%充電で2時間前後、100%充電で2~3時間(充電ステーションの出力定格が100kWの場合)を目指す。充電方式は、コンボType2となる。

ダイムラーAG役員・ダイムラー トラック&バス責任者、ウォルフガング・ベルンハルト氏によれば「環境問題から、ロンドン、パリ、中国などでディーゼルトラックは排除される方向にある。新技術の投入は、早すぎれば市場が受け入れられず失敗し、遅すぎると市場で優位なポジションが得られない。難しい問題だが、2020年の実用化を目指して、このタイミングでの発表を決定した」という。

【Urban eTruck】100%EVの大型トラック…ダイムラーが発表

《中尾真二@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top