アストンマーティン ヴァンテージ次期型、ニュルでAMG製V8テストか! | Spyder7(スパイダーセブン)

アストンマーティン ヴァンテージ次期型、ニュルでAMG製V8テストか!

自動車 新車スクープ

アストンマーティン ヴァンテージスクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージスクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージスクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージスクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージスクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージスクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージスクープ写真
アストンマーティンの2ドアクーペ『ヴァンテージ』次期型が、ニュルブルクリンクのノルトシェライフェに高速テストに現れた。

ボディの大部分がカモフラージュパネルで覆われており、デザインのディテールは不明だが、注目はその心臓部だ。

アストンマーティンは、技術提携を結ぶメルセデスAMGと、パワートレインや電装コンポーネントを共同開発しており、最新モデル『DB11』にはAMG製エンジンの噂が流れたが、搭載が見送られていた。

その為、このニュルを走る「ヴァンテージ」次期型には、メルセデスAMG製4リットルV型8気筒ターボエンジンが搭載されている可能性が高い事が、関係者の証言を元にレポートされている。

市販モデルの公開は2017年秋頃と予想する。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top