「ミハイルギニス」期間限定「おもてなしスカーフ」展、伊勢丹新宿店で開催 | Spyder7(スパイダーセブン)

「ミハイルギニス」期間限定「おもてなしスカーフ」展、伊勢丹新宿店で開催

話題 イベント

ミハイルギニス「おもてなしのスカーフ」伊勢丹新宿にて期間限定ポップアップショップ開催。写真のモデルは、女優・紺野千春。
  • ミハイルギニス「おもてなしのスカーフ」伊勢丹新宿にて期間限定ポップアップショップ開催。写真のモデルは、女優・紺野千春。
古代ギリシャの服の考え方を原点にしながら、日本の生地でオリジナルのクリエイションを展開するブランド「MICHAIL GKINIS(ミハイルギニス)」が、伊勢丹新宿店本館1Fにて、8月3日(水)~9日(火)まで期間限定フェア「おもてなしのスカーフ」を開催する。

本イベントでは、日本のハイテクノロジーを駆使して誕生したテキスタイルと、ギリシャ人アーティストのミハイル・ギニス氏によるアートを融合したアイテムで、オケージョンに合わせて、エプロンとしても、スカーフとしても使えるオリジナルのアイテムを紹介する。価格は、「おもてなしスカーフ」(3種、各3色 19,440円)、「プレインコーニススカーフ」(5色、19,440円)。

生地は、約70年前から使われている貴重なヴィンテージ織機が織る静岡県のコットンと、カットオフしてもほつれにくいという世界でも珍しい特性を持つ和歌山県のハイテクニットを使用。ミハイルギニスが直接、日本の職人とコラボレーションすることで誕生したオリジナルのテキスタイルとなっている。

ミハイルギニスは、幼少期に祖国のギリシャで観ていた溝口健二監督の日本の白黒映画や谷崎潤一郎の「陰影礼賛」、そして日本の建築が現在のクリエーションエンジンの核となっている。2014年3月には沖縄国際映画祭にて審査員として参加し、9月には京都国際映画祭にクリエイターファクトリー審査員として参加するなど、映画にも縁の深いアーティストだ。

これまでも映画『ぶどうのなみだ』で主演の大泉洋が同ブランドのジャケットを着用したり、三船敏郎賞を受賞した仲代達矢や役所広司にスカーフが贈呈されるなどしてきた。さらに、今秋公開予定の映画『クロス』で主演する女優の紺野千春は、プレインコーニススカーフを着用して登場し、スカーフが主人公の愛の象徴となっている。映画作品と関連の深い「ミハイルギニス」のスカーフに注目してみては。

「MICHAIL GKINIS」期間限定ポップアップ「おもてなしのスカーフ」伊勢丹新宿で開催

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top