美脚の正体は菜々緒!『土竜の唄 香港狂騒曲』刺激的ビジュアル解禁 | Spyder7(スパイダーセブン)

美脚の正体は菜々緒!『土竜の唄 香港狂騒曲』刺激的ビジュアル解禁

映画 芸能

『土竜の唄 香港狂騒曲』(C)2016「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
  • 『土竜の唄 香港狂騒曲』(C)2016「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
  • 『土竜の唄 香港狂騒曲』(C)2016「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
先日、主演の生田斗真がスラリと伸びた艶美な足に挟まれている刺激的なビジュアルや新キャストが解禁され、インパクト大と話題を呼んでいる『土竜の唄 香港狂騒曲』。この度、その美脚の正体が明かされた。

交番勤務のダメ巡査・菊川玲二(生田斗真)はある日突然クビになり、潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され、日本一凶悪な犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ。“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也(堤真一)と兄弟の契りを交わし、何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、ケーサツである身分もなんとか明かさず生き抜いた玲二。最終ターゲットである数寄矢会会長・轟周宝(岩城滉一)は挙げられなかったものの、傘下の阿湖義組組長・阿湖正義の引退、若頭補佐・月原旬の逮捕までは漕ぎつけた。しかし、思いもよらず日浦組若頭に就任してしまった玲二は、極道の世界へさらに深く潜っていくハメに!

その頃、正義感溢れるエリート警官・兜真矢(瑛太)が警視庁組織犯罪対策部課長に就任。警察官とヤクザの癒着撲滅をモットーに掲げる兜は、菊川玲二の逮捕に向けて動き出す。そんなこともつゆ知らず、轟周宝からビッグミッションを言い渡される玲二。それは、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜の撲滅、そして、轟周宝とその娘にして奇跡の処女・轟迦蓮(本田翼)のボディーガードになることだった! 最終ターゲットを守らなければならないまさかの任務を与えられた玲二に、警察の中から、そして海の外から、かつてない危機が次々と襲いかかる! しかし、もっと巨大で凶悪な陰謀が水面下で動き出していることをそのとき玲二はまだ知らなかった――。

本作は、2014年に公開され、興行収入21.9億円を記録した『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』の続編。原作である「土竜の唄」でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を今回は実写化する。香港を舞台に、潜入捜査官・菊川玲二が前作以上にミッション絶対インポッシブルな任務に挑んでいるようだ。

キャストには、前作に引き続き主演を務める生田さんとともに、強烈なインパクトを残した、仲里依紗、上地雄輔、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一、堤真一も続投。また新キャストとして、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒が決定している。

先日解禁され話題となった刺激的なビジュアルは、作品の強烈な世界観もさることながら、「この美脚のお姉サマは一体誰!?」とSNSを中心に盛り上がりをみせていた。映画公式ウェブサイトでは、“美脚ボタン”をクリックすれば日に日に少しずつ画面が上にずれ、正体が見えそうな位置まで上がっていくという、隠しコマンドまでもが設定されており、ファンの間ではまさかキャストの誰かなのでは…という噂で持ちきり。

そんな期待も高まる中、今回ベールに包まれてきた美脚の正体が、チャイニーズマフィアのヒットマン・ 胡蜂役の菜々緒さんであることが判明! このほど解禁された全身ビジュアルでは、美しく伸びた足を惜しみなく見せた艶かしい立ち姿の菜々緒さんが。全体的にスケスケの黒のレース衣装、白く輝く太ももからヒップにかけての妖艶なラインがファンタスティック、一度見ると虜になってしまうようだ。

セクシーな衣装を披露した菜々緒さんは「この作品に出演が決定した時、とにかく周りに負けないくらいのキャラクターを作りたいと思い、衣装やヘアメイクなどもこだわりました」と語り、「初挑戦の北京語や鞭も頑張りましたし、アクションや演出的にも体を張らせて頂きました」とコメント。また生田さんについては、「以前、映画でご一緒させていただいていたので安心して撮影に臨めました。今回一番絡みが多くアクションもあったのですが、普段から武術のトレーニングをされているのでたくさんアドバイスをくれたりしてすごく助けてもらいました」とふり返っていた。

『土竜の唄 香港狂騒曲』は12月23日(金・祝)全国東宝系にて公開。

生田斗真が潜った先は…菜々緒の美脚! 北京語や鞭に挑戦『土竜の唄 香港狂騒曲』

《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top