比嘉愛未&佐々木希&ミムラの三姉妹、それぞれのトラウマに立ち向かう…『カノン』は10月公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

比嘉愛未&佐々木希&ミムラの三姉妹、それぞれのトラウマに立ち向かう…『カノン』は10月公開

映画 公開情報

『カノン』(C)2016「カノン」製作委員会
  • 『カノン』(C)2016「カノン」製作委員会
  • 『カノン』(C)2016「カノン」製作委員会
  • 『カノン』(C)2016「カノン」製作委員会
  • 『カノン』(C)2016「カノン」製作委員会
  • 『カノン』(C)2016「カノン」製作委員会
  • 『カノン』(C)2016「カノン」製作委員会
  • 『カノン』(C)2016「カノン」製作委員会
  • 『カノン』(C)2016「カノン」製作委員会
比嘉愛未&佐々木希&ミムラが三姉妹を演じ、彼女たちの母親を鈴木保奈美が演じる珠玉の映画『カノン』。このほど、それぞれが自分たちの傷に向き合いながら母の過去を辿り、未来への一歩を踏み出そうとする本作の場面写真が一挙に解禁となった。

金沢の老舗料亭で育った三姉妹。現在、次女・岸本藍(比嘉愛未)は富山県黒部市で教師としてキャリアをつみ、長女・宮沢紫(ミムラ)は東京で専業主婦として家庭に入り、 三女・岸本茜(佐々木希)は生まれ育った料亭の女将として働いていた。そんなある日、祖母の訃報で金沢に集まった三姉妹は、母が生存している事実を知り…。やがて、1つの真実に辿り着いたとき、母娘の愛のメロディー「カノン」の三重奏が響き渡る――。

富山、金沢、そして東京で離れて暮らす母の愛を知らない三姉妹が、絆を取り戻すため過去を巡る物語となる本作。結婚を控え、過去のトラウマを乗り越えようとする次女・藍役には、朝ドラ「どんど晴れ」以降も「DOCTORS~最強の名医~」「恋愛時代」など活躍を続ける比嘉さん。また、夫からの自立を望む専業主婦の長女・紫役には、「そして、誰もいなくなった」や『後妻業の女』に出演するミムラさん。老舗料亭の新女将としてプレッシャーと戦う三女・茜役には、先日の「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」への出演も記憶に新しく、『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』では「SUPER JUNIOR」イェソンとW主演を果たす佐々木さんと、美しい三姉妹が集結。

さらに、母親役・原島美津子役には“アルコール性認知症”という難役をこなした鈴木さん、老舗料亭を守りながら三姉妹を育てた祖母・岸本辰子役に多岐川裕美、人を愛することに臆病になっている次女・藍を支える恋人・聡役に桐山漣ら、実力派の豪華共演者が脇を固めている。

解禁となった場面写真からも、幼少時代に母を失い、それぞれにトラウマを抱えた三姉妹とピアノ三重奏の様子とともに、鈴木さん演じる母、多岐川さん演じる祖母、桐山さん演じる聡といった、人生を前向きに歩き出そうとする三姉妹を取り巻く人々の心情にも迫っていることが伺える。

母娘のメロディーが奏でる、それぞれの成長物語に引き続き注目していて。

『カノン』は10月1日(土)より角川シネマ新宿、富山県下ほか全国にて公開。

比嘉愛未&佐々木希&ミムラの三姉妹、それぞれのトラウマに立ち向かう…『カノン』

《text:cinemacafe.net》
page top