NYの朝食の女王「サラベス」に新風!初のアジア系ヘルシーボウルが登場 | Spyder7(スパイダーセブン)

NYの朝食の女王「サラベス」に新風!初のアジア系ヘルシーボウルが登場

話題 新商品

NYの朝食の女王「サラベス」ルミネ新宿店、大阪店で、サラベス初の丼(ボウル)メニュー2種を販売
  • NYの朝食の女王「サラベス」ルミネ新宿店、大阪店で、サラベス初の丼(ボウル)メニュー2種を販売
  • 「パワーボウル」¥1,150
  • 「ブッダボウル」¥1,080
  • サラベス ルミネ新宿店 外観
NYの朝食の女王と称される人気レストラン「サラベス」のルミネ新宿店、大阪店では、 8月1日(月)より17時~21時(LO)のディナータイムにおいて、サラベス初となるアジアのテイストを盛り込んだヘルシーなボウル(丼)メニュー「ブッダボウル」(1,080円)と「パワーボウル」(1,150円)の2種が新登場。

これまでの「サラベス」のメニューラインナップに新風を吹き込む今回のヘルシー丼メニュー2種は、どちらも玄米をベースに赤米やキヌアを合わせた雑穀米に、たっぷりの彩り野菜などをトッピングした、ボリューミーでありながらも、さすが「サラベス」ともいうべきお洒落感満載な一品に仕上がっている。

「ブッダボウル(Buddha Bowl)」は、アメリカでも特に西海岸に住む人々のヘルシー志向な人たちの間でブームになっている丼メニューで、スーパーフードのキヌアと玄米をベースに、いろいろな野菜のマリネや豆腐のソテーなどをトッピングしたサラベスオリジナルの一品。たとえて言うなら“サラダボウル“のような感じといえよう。豆腐やアボカドなどでボリュームを出したさっぱり感が特徴的で、香菜、ターメリック、ナンプラーといった様々な香りが織りなすエスニックなテイストが新鮮。

ネーミングの「ブッダ」という文字が気になるところだが、アメリカでは、ベジタリアンという概念を仏教の“禅”と関連したものと考えられているのだそう。野菜類がたっぷり盛られたボウルが、仏教を開いたブッダのお腹に似ているという発想から「ブッダボウル」と呼ばれるようになったという。「ブッダボウル」をいただくときは、そんなちょっとした豆知識を思い出してみて。

一方、「パワーボウル」は、丼ぶりのイメージを裏切らない肉感たっぷりで、肉食女子も大満足のパワーアイテムに仕上がっている。ふっくら炊き上げた玄米と赤米にグリルチキンやフライドエッグ、グリル野菜を彩り豊かにトッピング。ピリ辛のケイジャンスパイスが、食欲が落ちがちな夏場にぴったり。夏はやっぱりお肉を食べてスタミナをつけたいというあなたにおすすめ。

この夏、栄養バランスも整っていて、夏バテにも効きそうなサラベスのオリジナルのヘルシーボウルをお試しあれ。

朝食の女王「サラベス」、初のヘルシーボウルメニュー2種を展開!

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top