トヨタ カローラ生誕50年、開発者たちが語る秘話...その歴史と未来 | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ カローラ生誕50年、開発者たちが語る秘話...その歴史と未来

自動車 社会

初代カローラ
  • 初代カローラ
  • 初代レビン
  • 佐々木紫郎元副社長(左)
オートモビル カウンシル 2016が8月5日に千葉市の幕張メッセで、7日までの会期で始まった。生誕50年の『カローラ』をテーマに出展しているトヨタ自動車は、同車の歴代開発責任者らによるトークイベントを開いた。

このイベントには2~3代目(1970年~)の主査を務めた佐々木紫郎元副社長から現11代目のチーフエンジニアである小西良樹氏まで、ゆかりのある5人のエンジニアが出席した。

スポーツモデル『レビン』(72年)の産みの親でもある佐々木氏は「同僚からセリカのエンジンを載せたらどうかと言われ、テストコースで試すとシートに背が沈んで、魅せられた」と、商品化の経緯を披露した。

5代目(83年)からのFF化や、国内外で車体サイズを変えた10代目(2006年)など時々のエピソードが語られた。現役の開発責任者である小西氏は、これからのカローラについて「環境、エネルギー、安全といった課題にしっかり答えを出しながら、乗って楽しくカッコいいクルマを目指していく」と、締めくくった。

【オートモビル カウンシル】生誕50年、カローラ の歴代開発者が集合

《池原照雄@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top