iPadいらず!?次世代ポルシェ コミュニケーションはアプリもネットも自由自在 | Spyder7(スパイダーセブン)

iPadいらず!?次世代ポルシェ コミュニケーションはアプリもネットも自由自在

自動車 ニューモデル

ポルシェ パナメーラ 新型の新インフォテインメント
  • ポルシェ パナメーラ 新型の新インフォテインメント
  • ポルシェ パナメーラ 新型の新インフォテインメント
  • ポルシェ パナメーラ 新型の新インフォテインメント
  • ポルシェ パナメーラ 新型の新インフォテインメント
  • ポルシェ パナメーラ 新型の新インフォテインメント
ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは8月5日、次世代のポルシェ コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)とともに、新しいインフォテインメントパッケージを新型パナメーラに導入すると発表した。

40か国以上の市場に導入される「ポルシェ コネクト」によって、ドライバーは車内でインターネットを有効に利用できるようになる。ポルシェ コネクト ポータルおよびポルシェ コネクト ストアを利用すれば、顧客は自分が利用しているインターネットサービスをいつでも確認できるほか、様々なサービスの中から新たなサービスを購入して利用できる。

日本では2017年1月、ポルシェコネクト専用の新しいコールセンターとして、ポルシェ コネクト サポートを開始。同時にコンシェルジュサービスもスタートし、レストランの予約などが可能になる。

ポルシェ コネクトは、調和のとれた数多くのサービスで構成。このサービスを支えているのが車載のポルシェ コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)。オプションのコネクト プラスは、多彩なiPhoneアプリをPCM経由で利用できるようにするApple CarPlayをはじめ、オンラインナビゲーション、LTE電話モジュール、Wi-Fiホットスポット、そして数多くのインターネットサービスも利用可能。

同社は、「ポルシェ コネクトの主な特徴は、デジタルサービスとアプリ。2つのパッケージに多数のサービスを用意しており、また全てのサービスが一定の期間、無料で利用できる」とコメントしている。

ポルシェ パナメーラ 新型、新インフォテインメント導入

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top