速すぎ...550馬力V8搭載、レンジローバー新型クーペSUVがニュルを攻める! | Spyder7(スパイダーセブン)

速すぎ...550馬力V8搭載、レンジローバー新型クーペSUVがニュルを攻める!

自動車 新車スクープ

レンジローバー スポーツ・クーペスクープ写真
  • レンジローバー スポーツ・クーペスクープ写真
  • レンジローバー スポーツ・クーペスクープ写真
  • レンジローバー スポーツ・クーペスクープ写真
  • レンジローバー スポーツ・クーペスクープ写真
  • レンジローバー スポーツ・クーペスクープ写真
  • レンジローバー スポーツ・クーペスクープ写真
  • レンジローバー スポーツ・クーペスクープ写真
  • レンジローバー スポーツ・クーペスクープ写真
レンジローバーの派生モデルとして、新たに開発されているクーペSUV、『レンジローバー・スポーツ・クーペ』が、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始した。

開発コード「L560」と呼ばれるこのプロトタイプは、全長が4.7mとライバルのBMW「X6」や、メルセデスベンツ「GLEクーペ」の4.9mよりコンパクトで、ランドローバーグループでは、4.4mの「イヴォーク」と、4.85mの「レンジローバー・スポーツ」の中間に位置する。

シートレイアウトはラグジュアリーな4シーターで、+1リアシートはオプション設定という。3列シートは設定されず、クーペらしい走り重視のSUVとなりそうだ。

パワートレインは3リットルV型6気筒エンジン、及びV型8気筒エンジン他、EVモデルのラインナップが予想され、4気筒モデルの設定は微妙か。

トップ・オブ・レンジには、570psを発揮する5リットルV型8気筒スーパーチャージャーモデルが予想されているが、カメラマンの話では、今回ニュルに現れたプロトタイプは、エンジン音、加速などから、このトップモデルである可能性があると言う。

ワールドプレミアは2017年3月のジュネーブモーターショーの可能性が高い。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top