ヒュンダイ次期型、滝をモチーフのフロントグリル見えた! | Spyder7(スパイダーセブン)

ヒュンダイ次期型、滝をモチーフのフロントグリル見えた!

自動車 ニューモデル

新型ヒュンダイ i30 の予告イメージ
  • 新型ヒュンダイ i30 の予告イメージ
  • 新型ヒュンダイ i30 の予告イメージ
  • 新型ヒュンダイ i30 の予告イメージ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は8月10日、フランスで9月29日に開幕するパリモーターショー16において、新型『i30』を初公開すると発表した。

i30は、ヒュンダイの欧州主力コンパクトカー。初代i30は、2007年に欧州市場へ投入。欧州新車市場で最も激戦区とされ、フォルクスワーゲン『ゴルフ』やルノー『メガーヌ』などの競合車がひしめくCセグメントにおいて、優れた販売結果を残した。

2011年秋、フランクフルトモーターショー11では、2代目を初公開。同社のデザイン言語、「fluidic sculpture」をさらに発展させ、存在感のあるフォルムを構築。ボディサイズは、全長4300×全幅1780×全高1470mm、ホイールベース2650mm。インテリアは、クラス水準を上回る質感と、充実した装備が追求された。

9月末に開幕するパリモーターショー16でワールドプレミアされる新型i30は、3世代目モデル。デザインや開発、走行テストは欧州で実施。ヒュンダイによると、欧州や世界の顧客のニーズに見合う、優れた価値を提供するという。

なお、ヒュンダイは、新型i30の予告イメージを3点配信。滝をモチーフにした新デザインのフロントグリルが特徴になる。

【パリモーターショー 16】ヒュンダイの欧州Cセグ、i30…新型を初公開へ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top