伝統の味が空を飛ぶ!JALホノルル線に資生堂パーラー登場 | Spyder7(スパイダーセブン)

伝統の味が空を飛ぶ!JALホノルル線に資生堂パーラー登場

話題 新商品

JALホノルル線プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食『資生堂パーラー For Resort』
  • JALホノルル線プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食『資生堂パーラー For Resort』
  • JALホノルル線プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食『資生堂パーラー For Resort』
  • JALホノルル線プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食『資生堂パーラー For Resort』
  • 左から資生堂パーラー銀座本店 井上直久料理長、資生堂パーラー 鈴木真社長、日本航空 植木義晴社長
  • JALホノルル線プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食『資生堂パーラー For Resort』
  • JALホノルル線プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食『資生堂パーラー For Resort』
  • JALホノルル線プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食『資生堂パーラー For Resort』
  • JALホノルル線プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食『資生堂パーラー For Resort』
日本航空(JAL)は、9月1日から、ホノルル線(成田・中部・関西発便)のプレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食を『資生堂パーラー For Resort』に刷新。第1弾の秋メニューは、ビーフシチューとベーコンキッシュの組み合わせ。四季ごと4回メニューを変える。

テーマは「西洋モダン機内食」。資生堂パーラー銀座本店の歴代料理長が代々守り続けてきた洋食を、JALハワイ線限定でアレンジしたこの新機内食。その“お品書きは”こうだ。

ビーフシチュー 資生堂パーラースタイル ターメリックライスを添えて
Beef stew SHISEIDO Parlour Style served with turmeric rice
ベーコンキッシュ&ポテトサラダ
Bacon Quiche and Potato salad
フレッシュサラダ フレンチドレッシング
Fresh salad with French dressing
資生堂パーラー チーズケーキ For Resort スペシャルフレーバー “パイナップル”
SHISEIDO Parlour CHEESECAKE

「JALを選べば、ハワイに着地する前に、銀座の西洋モダン洋食が試せる」とJAL。このメニューが機内に並ぶのは、成田、中部、関空を発つホノルル行きだ。羽田発はフライト時間帯が朝食メニューになるから設定がない。

資生堂パーラーは、1902年(明治35年)、資生堂発祥の地、銀座8丁目(現東京銀座資生堂ビル)の一角に誕生。日本初のソーダ水の販売や、 当時は珍しかったアイスクリームの製造・販売を行う「ソーダファウンテン」として注目された。1928年(昭和3年)には、本格的にレストランを開業。西洋料理の草分け的存在、また銀座のシンボルとしてにぎわいを呼んだ。その老舗の味が、この秋、空を飛ぶ。

雲の上で資生堂パーラー…JALで西洋モダン洋食にALOHA!!

《大野雅人@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top