緊急時に家族が呼べるパニックボタン搭載! スマホ連携する指輪型デバイス「Nimb」 | Spyder7(スパイダーセブン)

緊急時に家族が呼べるパニックボタン搭載! スマホ連携する指輪型デバイス「Nimb」

話題 テクノロジー

緊急時に家族が呼べるパニックボタン搭載! スマホ連携する指輪型デバイス「Nimb」
  • 緊急時に家族が呼べるパニックボタン搭載! スマホ連携する指輪型デバイス「Nimb」
  • 緊急時に家族が呼べるパニックボタン搭載! スマホ連携する指輪型デバイス「Nimb」
  • 緊急時に家族が呼べるパニックボタン搭載! スマホ連携する指輪型デバイス「Nimb」
  • 緊急時に家族が呼べるパニックボタン搭載! スマホ連携する指輪型デバイス「Nimb」
  • 緊急時に家族が呼べるパニックボタン搭載! スマホ連携する指輪型デバイス「Nimb」
 万が一、家で動けなくなった時や、何らかのトラブルに巻き込まれてしまった時、家族がいれば助けてもらえるかもしれないが、そうでなければどうしようか。そのまま、最悪のケースを迎えてしまうことだってあるだろう。そんなときのことを想定して、導入を考えておきたいアイテムが、スマートリング「Nimb」だ。

 「Nimb」はパニックボタンがついた、指輪型デバイス。側面のボタンを押せば、自身のスマートフォンを介して、専用のスマートフォンアプリで登録した家族や友人などに、助けを求めることができる。どこでパニックボタンが押されたのかをGPSで確認することもできるので、子どもに持たせるのもおすすめだ。また、自身のスマートフォンから離れると、アラームが鳴るため、飲食店などにスマートフォンを忘れてしまう心配もなくなる。

 カラーは「Stealth Black」「Classic White」の2色展開で、いずれもファッショナブルな見た目ゆえ、いつでもどこでも付けておくことができる点も素晴らしい。指輪ということで、サイズが心配だが、日本でいうところの6号から25号まで、幅広くラインナップされているので、こちらも問題ない。

 「Nimb」は現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集しており、定価149ドル(約14,900円)想定のところ、33%オフの99ドル(約9,900)円で1個入手することが可能。出荷予定は2017年3月となっている。
《Tsujimura@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top