CarPlay & Android Autoに対応、メルセデスCLA改良新型が表情一新 | Spyder7(スパイダーセブン)

CarPlay & Android Autoに対応、メルセデスCLA改良新型が表情一新

自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ CLA180 スポーツ
  • メルセデスベンツ CLA180 スポーツ
  • メルセデスベンツ CLA250 シュポルト4マチック シューティングブレーク
  • メルセデスAMG CLA45 4マチック
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『CLA』および『CLAシューティングブレーク』の改良新型モデルを発表し、8月24日より販売を開始した。

エクステリアでは、ダイヤモンドラジエターグリルや配光モードを自動で切り替えるLEDパフォーマンスヘッドライトなどを備え、フロントマスクを刷新。リアには、エグゾーストエンドと一体化した新設計のバンパーデザインを採用したほか、LEDコンビネーションランプのデザインも変更した。

インテリアでは、8インチに大型化したワイドディスプレイを全モデルに標準装備したほか、インストゥルメントクラスターの文字盤や赤い指針に新デザインを採用し、視認性を高めた。また、CarPlayおよびAndroid Autoに全モデル対応となった。

パワーユニットは直列4気筒ガソリンターボで、1.6リットルと2.0リットルの2種類を継続。最大出力は1.6リットルの「CLA180/シューティングブレーク」が122ps、2.0リットルの「CLA250シュポルト4マチック/シューティングブレーク」が218ps、高性能バージョンの「メルセデスAMG CLA 45 4マチック/シューティングブレーク」は381psとなっている。

価格はCLAが379万円から773万円、CLAシューティングブレークが395万円から789万円。

メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top