アウディA7スポーツバック次世代型、最新鋭ハイテク&ボディは拡大へ | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディA7スポーツバック次世代型、最新鋭ハイテク&ボディは拡大へ

自動車 新車スクープ

アウディ A7 スクープ写真
  • アウディ A7 スクープ写真
  • アウディ A7 スクープ写真
  • アウディ A7 スクープ写真
  • アウディ A7 スクープ写真
  • アウディ A7 スクープ写真
  • アウディ A7 スクープ写真
  • アウディ A7 スクープ写真
アウディの4ドアスポーツ・クーペ、『A7スポーツバック』次世代型のリアルボディをSpyder7が初補足に成功した。

カモフラージュは比較的薄く、概要がわかる状態で、リアクォーター・ウィンドウの新デザインなど、細部も確認出来る。

発表時には、六角形になったシングルフレームグリル、薄くシャープなヘッドライトなど、2014年に発表された『アウディ プロローグ コンセプト』の意匠を受け継いだデザインとなる。

プラットフォームには「MLB Evo」を採用、ホイールベースを延長し、居住空間の充実を図りつつ、大幅な軽量に成功しているようだ。

テクノロジーでは、アウディ自慢のバーチャル・コックピット、最新鋭の自動運転システムを搭載すると思われる。

パワーユニットは2リットル直列4気筒ターボチャージャー、V型6気筒、4リットルV型8気筒ターボの他、プラグインハイブリッドもラインナップされるだろう。

ワールドプレミアは2017年秋が有力だ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top