『スーサイド・スクワッド』だけじゃない! “ヴィラン”人気が急上昇中 | Spyder7(スパイダーセブン)

『スーサイド・スクワッド』だけじゃない! “ヴィラン”人気が急上昇中

映画 ハリウッドセレブニュース&ゴシップ

『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • ハーレイ・クイン/『スーサイド・スクワッド』 (c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『スーサイド・スクワッド』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 『スーサイド・スクワッド』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 「ARROW / アロー<フォース・シーズン>」(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 「ARROW / アロー<フォース・シーズン>」(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 「THE FLASH / フラッシュ<セカンド・シーズン>」(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 「THE FLASH / フラッシュ<セカンド・シーズン>」(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
アメコミ初、ヴィラン(悪党)が主役の映画『スーサイド・スクワッド』をきっかけに、いま、世界規模でデッド・ショットやハーレイ・クイン、ジョーカーといった極悪キャラクターたちの人気が急上昇中。そんな中、DCの人気TVシリーズの「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」、そして「GOTHAM/ゴッサム」でも、最新シーズンに登場するヴィランたちがファンをザワつかせているという。ますます存在感を増す、TV シリーズのヴィランたちに迫った!

ジャパンプレミアが行われたばかりの日本に先駆け、全米では3週連続で興収1位を記録、全世界で5.7億ドルを突破する大ヒットとなっている『スーサイド・スクワッド』。アメコミでありながら、主役はなんと全員ヴィラン(悪党)。世界崩壊の危機に立ち上がるものの、彼らの動機は正義のためではなく、「自分の罪を軽くしたい!」「単に暴れるのが好き!」というチョー個人的なものだった…。そんな理由で暴れ回る、ハチャメチャでクレイジーなキャラクターたちもまた魅力的で、多くの観客を惹きつけている。

そんなヴィランたちの勢いは、DCのTVシリーズでもとどまることを知らないようだ。米国では10月から放送開始となる、スティーヴン・アメルがオリバー/グリーンアローを演じる「ARROW/アロー<フィフス・シーズン>」では、まさに『スーサイド・スクワッド』さながら、ヴィランたちがチームを結成するという。製作総指揮・脚本を手掛けるウェンディ・メリクルは、「オリバーが(フラッシュたちと)チームを組むから、ヴィランたちもチームを組むことについて話し合ったの」と、悪役がこれまでのように単独行動をせず、徒党を組むことを明かしている。「本物の敵たちに立ち向かうべく、オリバーがどうチームを鍛えるか」が、新シーズンの見どころの1つになるという。

そのヴィランたちのキャスティングにも注目が集まっている。オリバーの宿敵として『ロッキー4/炎の友情』のドルフ・ラングレンがすでに出演決定しているほか、暴力団員役に「ウォーキング・デッド」のチャド・L・コールマン、ヴィジランテ(自警団員)役として「ザ・フォロイング」のジョシュ・セガーラと『REAPER デビルバスター』のリック・ゴンザレス、「ブラインドスポット タトゥーの女」のジョー・ディニコルが出演。また、元WWE プロレスラーのスターダストことコーディ・ローデスもゲスト出演するという。

一方、同じく米国にて10月から放送開始になる「THE FLASH/フラッシュ<サード・シーズン>」でも、人気の高いキャプテン・コールド(ウェントワース・ミラー)とヒートウェーブ(ドミニク・パーセル)に続く悪役の登場が続々と決定している。中でも特に大きな話題を呼んでいるのが、人々の頭を混乱させる力を持つ“トップ”というヴィラン。原作コミックでは男性の設定だが、起用されたのは、コメディドラマ「オークワード ~不器用ジェナのはみだし青春日記~」のヒロインで知られるアシュリー・リッカーズ。

彼女は、同エピソードに登場するエゴイスティックな犯罪者サム・スクダー/ミラー・マスターと“犯罪者カップル”として、フラッシュ(グラント・ガスティン)たちにとって危険な存在となる模様。『スーサイド・スクワッド』ではマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが圧倒的な存在感をみせているが、女性版トップの彼女も負けじと強烈な悪女の魅力を放つに違いない。

さらに、バットマン/ブルース・ウェインの若きころを描く「GOTHAM/ゴッサム<セカンド・シーズン>」でも、見逃せない大物ヴィランたちが続々登場する。ついにゴッサム・シティの支配者となったペンギン(ロビン・ロード・テイラー)。ファースト・シーズンからその片鱗をみせていたニグマ(コリー・マイケル・スミス)が、ついにかの悪党リドラーとしての人格を完成させてゆく。さらに、サイコな殺し屋ジェローム(キャメロン・モナハン)の狂気はますますエスカレート。「ハハハ!」という高笑いや残虐な殺人手段は、やはり最凶ヴィランのジョーカーを彷彿とさせる不気味さだ。

DCフィルムズとTVシリーズを盛り上げる最凶かつ極悪なヴィランたちから、しばらく目が離せそうもない。

「THE FLASH/フラッシュ<セカンド・シーズン>」はDVDレンタル中、デジタル配信中。9月14日(水)よりブルーレイ&DVD発売。

「GOTHAM/ゴッサム<セカンド・シーズン>」はデジタルセル配信中、9月2日(金)よりブルーレイ&DVDリリース、デジタルレンタル配信開始。

「ARROW/アロー<フォース・シーズン>」はデジタルセル配信中、9月14日(水)よりブルーレイ&DVDリリース、デジタルレンタル配信開始。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top