メルセデスベンツ、2017年にSクラスの改良新型投入を発表...EVモードが大幅に改善へ | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツ、2017年にSクラスの改良新型投入を発表...EVモードが大幅に改善へ

自動車 ニューモデル

現行メルセデスベンツSクラスのS550e
  • 現行メルセデスベンツSクラスのS550e
  • 現行メルセデスベンツSクラスのS550e
  • 現行メルセデスベンツSクラスのS550e
ドイツの高級車、メルセデスベンツの最上級サルーン、『Sクラス』。同車が近い将来、大幅改良を受けることが分かった。

これは、メルセデスベンツを擁するドイツの自動車大手、ダイムラーが決算発表の場において明らかにしたもの。「2017年、メルセデスベンツSクラスにフェイスリフトを行う」と発表している。

現行Sクラスは2013年5月、欧州で発表。すでにデビューから3年が経過しており、大幅改良のタイミングにあるといえる。

大幅改良モデルの内容で判明しているのが、プラグインハイブリッド車(PHV)の進化。「S550e」グレードに改良を施し、EVモードを延長。現行の33kmから50km以上へ、1.5倍の拡大が図られる。

フェイスリフトにPHVの性能向上が行われる改良新型Sクラス。欧州での発売時期は、2017年の半ばごろとなる見込み。

メルセデスベンツ Sクラス、大幅改良&フェイスリフト 2017年

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top