ボルボ、新たなテストカー投入でレースマシン開発を加速! | Spyder7(スパイダーセブン)

ボルボ、新たなテストカー投入でレースマシン開発を加速!

自動車 テクノロジー

ボルボS60ベースのWTCC新テストカー
  • ボルボS60ベースのWTCC新テストカー
ボルボカーズのモータースポーツ部門、ポールスター・シアン・レーシングは8月30日、2017年以降のレースマシン開発を加速させるため、新しいテストカーを導入した、と発表した。

ポールスター・シアン・レーシングは、WTCC参戦に関する複数年プログラムを計画。2016年シーズンがその1年目にあたる。チームの目標は、1年目が知識や技能の習得、2年目がレースでの優勝、そして3年目が世界タイトルの獲得。

このプログラムを実現するため、ドライバーのテッド・ビョークとロバート・ダールグレンの両選手に、新たなテストカーを用意。両選手は、スウェーデンのマントープパークで実施した初めてのテストを成功させた。今後数か月にわたり、WTCCのレース開催スケジュールを考慮しながら、さらなるテストを行っていく。

なお、ポールスター・シアン・レーシングは9月3-4日「ツインリンクもてぎ」で開催される、FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦する。

ポールスター・シアン・レーシングのクリスチャン・ダールCEOは、「これまでのチーム体制では、レース用車両は4月のWTCC初戦がスタートすると、開発拠点であるスウェーデンを離れざるを得なかった。これは開発作業がストップすることを意味する。しかし、新たなテストカーの完成によって状況が変わった。レース実戦で得るノウハウと共に、今後実施するテストで得たデータを用いて、レースマシンの開発を加速できると期待している」とコメントした。

ボルボ、WTCCの新テストカーを導入…目標は世界タイトル

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top