小栗旬が“弱々しい”弁護士に!? Huluオリジナル連ドラ「代償」今秋配信開始 | Spyder7(スパイダーセブン)

小栗旬が“弱々しい”弁護士に!? Huluオリジナル連ドラ「代償」今秋配信開始

話題 アイドル

Huluオリジナル連続ドラマ「代償」(C)2016「代償」製作委員会
  • Huluオリジナル連続ドラマ「代償」(C)2016「代償」製作委員会
  • 小栗旬
デビュー作「いつか、虹の向こうへ」で第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をW受賞した作家・伊岡瞬の「代償」が、「Hulu」にてドラマ化されることが決定。主演には小栗旬を迎え、今秋より日米同時配信されることが分かった。

「白石法律事務所」で敏腕弁護士として活躍する奥山圭輔(小栗旬)のもとへ、強盗殺人事件の容疑者・安藤達也(高橋努)の義母・道子(片岡礼子)から、一通の手紙が届いた。「あなたの親友である安藤達也の弁護をお引き受けください」――そう懇願する文面を読んだ瞬間、圭輔は猛烈な吐き気をもよおす。わなわなと震える圭輔。その脳裏には、葬り去っていた“凄惨な過去”がよみがえっていた…。

すべては17年前、近所に引っ越してきた遠縁の達也に圭輔が「友だちになろうよ」と声を掛けたことから始まった。達也は道子と共謀し、金をしぼり取るために奥山家へ近づいたのだが、そんな計画などつゆ知らず圭輔らは達也との親交を深めていった。だが圭輔はやがて、達也の行動に違和感を覚え始める。そんな中奥山家が火事になり、圭輔は両親を亡くすという不遇に見舞われる。しかも、その火事は達也によって巧妙に仕組まれたものだったのだ。だがその犯罪が露呈することはなく、圭輔は“サイコパス・達也”の意のままに操られさらに追い詰められていった。火事を境に達也の家に引き取られた圭輔は、人格など存在しない“悪夢のような少年時代”を強いられ、心を病んでしまったのである。堰を切ったように、頭の中をめぐり始める過去。恐怖心と嫌悪感にさいなまれる中、達也の呪縛から解き放たれたいまの暮らしを壊したくないと考えた圭輔は、独断で弁護を断ることに。だが、達也の魔の手はとうとう、圭輔の周りにまで伸び――!?

今回、主演の小栗さんが演じるのは、弁護士・奥山圭輔役。彼は少年時代に達也の底知れぬ悪意によって、家族や大切な人たちの命を次々と奪われ、自身もまた人格崩壊寸前に至るような“凄惨な環境”を強いられてきた。そんな壮絶な過去によって強迫性障害を患った上に、今度は達也の弁護を担当するはめに。弁護士として彼を救うのか、それとも…。これまで「花より男子」「東京DOGS」「信長協奏曲」、『クローズZERO』シリーズや『ルパン三世』などに出演し、さまざまな役柄を演じてきた小栗さん。本ドラマでは、“精神の限界まで追い詰められた弱々しい男”という新境地に挑戦する。

小栗さんは「圭輔は心の病気を患いながらも、表向きは普通の顔をして生活していかなければならないキャラクター。“他者に対してある種、嘘をついている”ということを常に考え、感じながら演じなければならないんです。原作を読んだ時点で『これはしんどい役になるだろうな』と予想はしていましたけど、実際に撮影をしてみて『やっぱり、なかなか大変だな』と(笑)」とふり返り、「撮影では1日中、苦しんで薬を飲むシーンを何話分も撮ったりするんです。『どうやって差をつけたらいいんだろう!?』と、表現のバランスの取り方で試行錯誤する日々ですね」と苦労した点も明かした。

また、作品について「最初は弁護士モノのスタイルで始まり、途中からはだいぶ路線が変わるんですけど、そういう点では“弁護士の仕事をしている1人の人間の生きざま”みたいなものが出ている」と語り、「何と言っても、後からまとめて一気見できるのがいい! 実は僕自身、ネット配信サービスでドラマを見るときは、一気見できる作品を選びがちなんですよ(笑)。特に、この『代償』に関しては、最後にまとめて一気見することで、世界観がより深く伝わってくる作品なんじゃないかなって思います」とメッセージを寄せた。

そして、得体の知れぬサイコパス・安藤達也を演じるのは、『クローズZERO』シリーズなど数多くの映画やドラマで独特の存在感を放ち続ける高橋努。あたかもゲームを楽しむかのように、自らの手を汚さずに周囲を操り、犯罪を繰り返す脅威の存在をどこまでも薄気味悪く演じる。実は小栗さんと高橋さんは、本作の役柄とは違って昔から大切な親友同士だそう。小栗さんは高橋さんについて「今回の現場でも、努くんの存在にすごく助けられています。普段から親しい間柄なので、先々撮るシーンのお芝居について話したり、読み合わせをしたりしながら、1人だけでは埋まりきらない部分を2人で共有できているんですよ」と撮影でのエピソードも話していた。

そのほか、淵上泰史、柳英里紗、柳俊太郎といったいま注目の若手俳優らも出演。また、達也の義母でこれまた悪の権化である道子役には片岡礼子、圭輔を見守り続ける医師・吉田肇役に平田満、圭輔の実力を認めながらも、彼の心の闇を危険視する法律事務所の所長・白石慎次郎役にはベテラン俳優・石橋凌がキャスティングされている。

Huluオリジナル連続ドラマ「代償」は2016年秋、Huluにて配信予定(全6話)。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top