天海祐希×阿部寛W主演作『恋妻家宮本』、モントリオールで拍手喝采&「ブラボー!」の歓声! | Spyder7(スパイダーセブン)

天海祐希×阿部寛W主演作『恋妻家宮本』、モントリオールで拍手喝采&「ブラボー!」の歓声!

映画 公開情報

『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
「家政婦のミタ」「女王の教室」「◯◯妻」、そして現在放送中のドラマ「はじめまして、愛しています。」などを手掛ける気鋭の脚本家・遊川和彦が映画監督デビューを果たした『恋妻家宮本』。この度、本作が「第40回モントリオール世界映画祭」“ファースト・フィルムズ・ワールド・コンペティション部門”に出品され、現地時間9月3日の公式上映に主演の天海祐希と遊川監督が登壇した。

本作は、夫婦・親子・友人・人と人とのつながりを珠玉のセリフと心温まるエピソードで綴られ好評を博した、重松清の「ファミレス」を、独自の視点で現代の家族を描き続けてきた遊川監督が大胆に脚色。熟年離婚が当たり前となった現代において、子どもが独り立ちした夫と妻が50代からの夫婦生活にどう向き合うのかをコミカルかつハートフルに描く。

この日、公式上映が行われたのはメイン会場である「シネマ・インペリアル」。天海さんの海外映画祭への参加は、2001年の『狗神』以来となり実に15年ぶり。また、遊川監督は本作が初監督であるため、もちろん海外映画祭へは初参加。今回60歳・還暦にして新人監督となる遊川監督が受賞すれば、日本人としては本部門初の受賞となる。

お昼すぎから行われた公式上映には、600人以上もの観客が詰めかけ、上映前の会場には200人を超える行列が。本作が熟年夫婦を描く物語とあって、40~60代以上の男女を中心に、夫婦・カップル客が目立っていた。そして場内満席、立ち見客もでるほどの大盛況の中、上映前に舞台に登壇した遊川監督は、フランス語で挨拶しようとするも、緊張のあまり挨拶を失念するという一幕に観客からは笑いが。しかし、改めて「この映画で私は、60歳にして初めて監督をするという夢がかないました。本日がワールドプレミアで、モントリオールのみなさんに、世界で一番初めにご覧いただくことになり、光栄です。最後までお楽しみください」とフランス語で挨拶を行うと、観客からはあたたかい拍手が送られた。続けて天海さんもフランス語で自己紹介。そして「子どもが巣立ってしまった中年夫婦を描いているのですが、みなさんにも経験があるんじゃないかな、と思います。ちょっとクスッと笑えて、ちょっと切なくて、とても優しい映画ですので、ぜひみなさん楽しんで観てください」と本作をアピールした。

上映中は、コミカルなシーンごとに観客からは大きな笑いがまき起こり、夫婦の心温まるシーンでは感嘆の声とすすり泣く声が聞こえ、常に観客の反応が絶えない賑やかな上映となっていた。また、エンドロールから上映終了にかけて5分以上にわたり拍手喝采が鳴り止まず、「ブラボー!」という歓声が場内に響き渡った。さらに観客からは、「今回の映画祭で見た中で、一番良かった」「特に夫婦生活もどこか似ていて、とても共感できました」「俳優の感情表現が素晴らしかった」「映画館を出るときは笑顔で出られるとても良い映画でした」などと絶賛の声が寄せられていた。

映画祭を終え、遊川監督は「会場の方々にたくさん笑っていただけて、嬉しいです。これをきっかけに、世界中の人に観てもらいたい」と語り、「観客と一緒に映画を観るのは心臓に良くないですね(苦笑) だけど、海外の方も共感していただけていたようで、良かったなと思います。物語に入ろうとしてみてくださっている気がしました。逆に言うと共感できないと笑ってもらえない気がしたので、嬉しかったです」と感想を述べた。一方天海さんも「世界で初めて見る方々の生の声が聞けて、とてもうれしかった」と話し、「言葉やシチュエーションの細かい部分が伝わらなかったとしても、表情の合間や沈黙で感情は伝わっていたんだなという気がしました。私たちの世代だけじゃなく、私たちより上の世代の方々もゆったりと観ていたのがうれしかったです。日本でもそういう方々も含めてたくさんの方々に見てもらいたい作品です」とメッセージを贈った。

『恋妻家宮本』は2017年1月28日(土)より全国東宝系にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top