よりアグレッシブな表情に...レクサスIS改良新型がパリに初上陸! | Spyder7(スパイダーセブン)

よりアグレッシブな表情に...レクサスIS改良新型がパリに初上陸!

自動車 ニューモデル

レクサス IS 改良新型
  • レクサス IS 改良新型
  • レクサス IS 改良新型
  • レクサス IS 改良新型
  • レクサス IS 改良新型
  • レクサス IS 改良新型
  • レクサス IS 改良新型
レクサスは9月9日、フランスで9月29日に開幕するパリモーターショー16において、『IS』の改良新型モデルを欧州初公開すると発表した。

改良新型ISは2016年4月、中国で開催された北京モーターショー16でワールドプレミア。外観は、「アグレッシブスポーツ」がデザインテーマ。現行ISで好評だった高い走行性能を予感させるイメージを進化させ、よりアグレッシブなデザインとした。具体的には、ヘッドランプ、テールランプ、前後バンパーを中心に、力強くスポーティなスタイリングを実現した。

フロントまわりは、フェンダーからダイナミックにつながる塊感のあるバンパーコーナーにより、スポーティでアグレッシブな造形を追求。ヘッドランプはL字型のクリアランスランプと連続性を高め、内側に延長した特徴的な形状とし、鋭さを強調したデザインとした。

レクサスのデザインアイコンであるスピンドルグリルは、上下の比率を変化させ、グリル下部がより大きく広がり、両下端のブレーキダクトへ空気を導く機能性も表現した、低重心でスポーティな印象を与える造形に。

リアは、リヤコンビネーションランプの内部に大胆な造形のL字を3つ層状に重ねた奥行きのあるデザインや、エギゾーストパイプの形状変更により、スタンスの良さを強調する。

内装は、機能性の向上やISが本来持つスポーティさを進化させるとともに、レクサスセダンとしての質感の高さを向上。具体的には、マルチメディアディスプレイを10.3インチに拡大。ナビゲーションやオーディオの情報をより大きくより鮮明に表示するとともに、リモートタッチ側面にEnterボタンを設置し、操作性も向上。また、メーターフードは、スタートスイッチを押しやすい角度に調整したほか、フードステッチの通し方を変更することで、スポーティさを演出した。

また、ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルを質感の高いヘアライン調に変更したうえで、大型化したニーパッドで両端から挟み込む構成とすることにより、車格感の向上を目指した。加えて、カップホルダーの使用性向上やアナログクロックの視認性向上など、細部に至るまで質感の高さと利便性を追求している。

【パリモーターショー16】レクサス IS 改良新型、欧州初公開へ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top