比嘉愛未、鈴木保奈美の“地雷”踏む!? 慌てて「そういう意味じゃ…」 | Spyder7(スパイダーセブン)

比嘉愛未、鈴木保奈美の“地雷”踏む!? 慌てて「そういう意味じゃ…」

映画 公開情報

『カノン』完成披露試写
  • 『カノン』完成披露試写
  • 鈴木保奈美『カノン』完成披露試写
  • 『カノン』完成披露試写
  • ミムラ『カノン』完成披露試写
  • 佐々木希『カノン』完成披露試写
  • 雑賀俊明監督『カノン』完成披露試写
  • 『カノン』完成披露試写
3姉妹が過去と向き合いながら未来へと踏み出す映画『カノン』の完成披露試写が9月14日(水)、東京・神楽座にて行われ、出演する比嘉愛未、ミムラ、佐々木希、鈴木保奈美と雑賀俊朗監督が登壇した。美人3姉妹という触れ込みについて、鈴木さんは「私から生まれたから」と自信たっぷりに言うと、観客も拍手喝さい。あまりの反響に鈴木さんは恐縮しきりで、「失礼いたしました(笑)」と頭を下げるそぶりをみせた。

『カノン』は富山、金沢、東京を舞台にした、母と3姉妹による家族再生の物語。両親を亡くしたと聞かされ育った姉妹が、祖母の遺言で母が生きていたことを知り、真実を知る旅に出る。その旅は自分たちのトラウマと向き合う、覚悟のいる道だった。

姉妹となった比嘉さん、ミムラさん、佐々木さんは実生活でも3人の兄弟や姉妹がいるという。結婚を控え、過去のトラウマを乗り越えようとする次女役を熱演した比嘉さんは、「実際、私は3人兄弟の長女で、自分で言うのもあれですけどしっかり者で突き進むタイプなんです。だから次女をやるのはすごく難しかったです」と苦労をにじませた。一方、役柄でも実生活でも末っ子の佐々木さん。その愛くるしいキャラクターについて、比嘉さんから、「天真爛漫で甘え上手」とお墨付きをもらうと、「そうなんですかねえ?」とキュートに微笑み、ミムラさんからも「それそれ」と笑顔で突っ込まれていた。

タイトルにもなった『カノン』は劇中の家族のテーマ曲でもあるが、実際、家族との思い出曲はあるかと尋ねられると、比嘉さんは「小さい頃に、ドライブのときにかかってた両親が好きだった曲で、セリーヌ・ディオンさんの『To Love You More』で…」と話した。『To Love You More』といえば、1995年に鈴木さんが主演したテレビドラマ『恋人よ』の主題歌。鈴木さんが、「小さい頃ですか…」と比嘉さんの発言をチラッとにらんでみせると、慌てた比嘉さんは「そういう意味じゃないんです、ごめんなさい! 地雷踏みました! ちょっと子供時代のときに…」と大慌てで言い直し、鈴木さんも爆笑していた。

『カノン』は10月1日(土)より、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー。
《cinamacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top