どういうこと?? コルク抜かずにワインが注げる器具が発売へ                 | Spyder7(スパイダーセブン)

どういうこと?? コルク抜かずにワインが注げる器具が発売へ                

話題 新商品

シナジートレーディングが11月発売予定の「コラヴァン」
  • シナジートレーディングが11月発売予定の「コラヴァン」
  • 「コラヴァン」で使用する窒素ボトル
あら不思議、コルクを抜かずにワインをグラスに注ぐことができる。まるで手品のよう。それを可能にしているのが「コラヴァン」という器具だ。米国企業が開発したもので、11月から輸入雑貨を扱うシナジートレーディング(本社・大阪市)が販売を開始する。

使い方はいたって簡単で、コラヴァンについているニードルをコルクに突き通し、トリガーを押してワインボトルを傾けるだけ。するとワインが出てくるのだ。なんでも、窒素の圧力を利用してワインを押し出しているそうだ。

そして、ニードルを抜くと、コルクは自然と穴をふさぎ、ワインが酸化するのを防ぐことができるという。したがって、残ったワインを別の日に飲むことができるわけだ。価格は3万8000~6万8000円で、窒素ボトルが2本で3600円と決して安くない。

「ビンテージワインを楽しむ人にとっては非常にいいものだと思います。デパートを中心に置いてもらおうと考えています」と同社関係者は話していた。

【ギフトショー16】まるで手品のよう、コルクを抜かずにワインが飲める…コラヴァン

《山田清志@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top